エアコンおすすめ[2019]価格や選び方を売れっ子家電販売員に取材!【直撃】

(大変申し訳ありません。この記事はまだ執筆途中です)

こんにちワッショイ!月島です!

 

 

今日は2019年版・メーカー別おすすめエアコンに注目したいとおもいます!

しかも今日はなんと…!

1日に100万円以上の売り上げを叩きだすことはしょっちゅうな現役売れっ子の大手家電量販店の販売員さんにお話を聞くことができました(*´Д`)!!!

 

おすすめエアコンお話はもちろんのこと、価格についてや選び方について!メーカー別に。

さらに『あなたの今年の夏の電気代をすこし下げられるかもしれません』なプチ情報も一緒に紹介していきたいとおもいます<(_ _)>

おすすめエアコン知る前に知っておきたいエアコンの3つの種類!

 

まずはじめに、

『どのエアコンがいいかな?』を詳しく検索する前におさえておいた方がいい予備知識があるのです。

 

っというのもそれは、エアコンは大きく分けて3種類のグレードタイプに分けられているそうで

あなたのエアコンほしいよぉぉ欲がどのタイプなのかっによってで、選択肢がほとんど絞れるそうなのです。

メーカーうんぬんなおはなしのようなのです!

 

激安家電通販のデンマート

 

その3つのグレードについてざっくり説明いたします。

 

グレード 特徴 デメリット
ボトム

●エアコン本体が安い!

●エアコン本体がスリムでコンパクトのものが多い

●お掃除機能が無いのでフィルター掃除など…人間の手間がかかる

●最新のものでもミドルやフラグに比べると電気代もバカ安いわけではない。

●サイズが薄めなのは搭載機能の少なさを物語っているそう

ミドル

●お掃除機能や空気清浄機能、人感センサーなど搭載される機能は申し分なし!

価格はボトムやフラグの中間層。ちなみに販売員さんの感覚だと六畳ようミドルエアコン、15万!しかも15万なら安い方!!!…らしいです。エアコン高い!(←

●デメリットは…特にないみたいです。

★むしろ機能とかはフラグとそこまで大差があるわけでもないそうで、フラグ商品の価格を抑えた版(ハイパーざっくり表現ですが)なニュアンスなことを言っていました(これデメリットじゃないですねw)

●…しいてデメリットをあげるならエアコンを設置する部屋が大きいと、それに見合ったサイズがないので、広い部屋用の場合はフラグにグレードアップしないとアレみたいです

フラグ

●エアコン本体価格が高い!

●いわゆる電機メーカーがテレビCMで起用するようなそのシーズンの最上位機種がこれです★

●機能もあれこれパワー強めなのに電気代はお安いそうです

●高い!!

●[室外機]一般的な室外機に比べると急に大きくなる(一回りとか二回りくらいだそうです)

 

っと、おおまかな表に表してみるとこんな感じ!(ミスがあったりしたらすぐに修正いたしますね!!←)

 

つまり「性能??いい!いい!とにかく一番安いエアコンがほしいのよ!」という場合選ぶエアコンのタイプはボトムになり

 

高いお金出すんだもん。どうせだったら今出てる最上位機種が気になるって場合だったり、吹き抜けのある広々空間や、すっごく大きな部屋(流行りの1LDK)に設置するエアコン(業務用ではなくて)とかだったりすると選ぶエアコンタイプはフラグに。

 

 

そしてその中間を行く…エアコン本体の価格もお掃除の機能や人感センサー機能や空気清浄機能もついてるし!(販売メーカー・商品によって異なります)…だったら選ぶタイプはミドル

 

 

っという塩梅になるみたいなのです!!!

あなたはどぉれ?だったでしょうか??

 

 

 

ちなみに表にも記載してありますが、リアルガチ談によると

価格的にも機能的にもお高めグレードの『フラグ』ですがどうしてもボトムやミドルの商品に比べると…室外機の大きさが一回りから二回りくらいサイズアップしてしまうそうなのです(; ・`д・´)

 

家の構造上、エアコンを設置して室外機が玄関のすぐわきとかに来るタイプのお家の方とかは気にされてフラグタイプはケンエンしますー!なんて話も実際あるみたいなのです

 

 

…室外機の大きさ。

エアコン本体のことばかりで室外機まで頭が回っていなかった筆者ですが確かになお話だと感じましたのでこちらにもシェアさせていただきました!

 

 

それでは次におすすめエアコンについて、メーカー別に聞いた話をまとめてみました!

実際に売れ行きの高いおすすめエアコンはなに?メーカー別に教えて![9選]

 

地域(環境)差や店によっての違いが必ずある部分なので一概にこの話が正しいわけじゃまりませぬ<(_ _)>

なにかひとつでも参考になれば幸いです!

 

ここからは、売れっ子白物家電販売員が頭を悩ませながらも

超ざっくばらんな(ぇ?)売れている番付を解いてくれましたので

1番人気メーカー・その中でも売れている商品を紹介いたします

 

1、日立

 

日立のエアコンは凄くよく売れているみたいです!

メーカー人気番付にはちょっと迷いつつも、人気ナンバーワンに日立のエアコンを挙げていました!

日立だとテレビCMでいうと嵐がやっているやつかな??

 

ちなみに日立のエアコンのなかでも人気なのが

ミドルタイプの【HMシリーズ】が人気が高いみたいです。

 

 

このエアコンについて良さを聞いてみたところ

 

まず

●エアコンの価格が安め

●お掃除機能もついてる

●本体の見た目も別にフツーだし(非の打ちようはない)

●電気代も他のメーカーに比べてフツー※(1)だし

 

そして悪いところを聞いてみたところ、そういう点は特にないみたいなのですw!

 

電気代のワンポイント①

 

ここでいう〝電気代はフツー〟※(①)についてですが、

一昔前のエアコンを使った時の電気代と比べるととても安いそうなのです。

(エアコンを使ったときにかかる詳しい電気代はネット情報はもちろんのこと、店頭の値段が書いてある紙にもしっかり書かれているし、の判断材料だっ考えてるときの判断材料だったりしますよね)

近ごろの新しいエアコンというのは部屋のサイズとエアコンが合う適正なサイズかつ、フィルターが綺麗な状態であれば、〝つけっぱなしの方が電気代安い〟という世にも奇妙なワンダフルがおきるほど、電気代が安いのです。

古いエアコンは電気代を喰うので、最新のエアコン本体(高い)に初期投資し電気代を浮かせるのと比べると…と、説明され『おぉぉ!』ってなった筆者でした

(さすが売れっ子販売員wお客さんがどんな言葉に胸を打たれるか、財布のひもを緩めるか、購入の決意をさせるのか極意わかりまくってるw)

 

2、ダイキン

 

ダイキンは日立に次いで、、

いや、どっちが一番売れているのか甲乙つけがたいレベルの売れ行きだそうです。

 

なかでもダイキンのミドルモデルが人気のようです!

 

 

ちなみにダイキンくらいエアコン市場が大きなメーカーになると、

《ダイキン×○○○(販売店舗)》みたいなコラボ商品とかもあるみたいで、

 

 

そういう商品は〝ダイキンなのにこの価格?!〟みたいな、

ハイブランドなのにお得にプライスレス★みたいな特化製品も販売店によってそれぞれあるみたいなんですね(実店舗にしても、通販型ネット販売店にしても。ないところもある。←)

 

ちなみに現在ヤマダウェブコムではエアコン取り付け特典実施中!のようです!

 

 

 

(この〝ダイキン×○○○(販売店)〟のお話は…この取材をしてる相手の勤務先、大手人気量販店がどこかばれてしまう可能性がありますね(; ・`д・´)同業者あるあるだったりして?!))

 

3、パナソニック

 

パナソニックのなかでもXシリーズというのが凄く売れ行きが良く人気のようです。

 

最安値.com : 4549980213827 価格比較
https://www.saiyasune.com/J4549980213827.html

 

どうにもパナソニックの製品だとグレードの高いフラグが良く売れているようです。

Xシリーズといって…超ガチな空気清浄機能が付いているようです。

 

例えば部屋の付着臭(ソファーやカーテンのにおい)も防いだり、アレルギー体質の方とかにすごくいいみたいなのです。

 

パナソニックだし、しかもフラグだしで価格もかなりビックなのに(部屋の畳数によって大きさ・価格が違う)

 

●アレルギー体質だ

●よくホットプレート料理やる(!?)

●動物を飼っている

●一人住まいの男性が自ら気づかぬうちの匂いを気にして(?!)

 

 

…など、様々なスタイルの方から求められているそうなのです。

 

取材の中で『高いのにスゴイ売れているよ!!』と、連呼したのはパナソニックだけでした

 

4、三菱エアコン霧ヶ峰~♪(ここだけあのCM風になってしまうなぜか)

 

三菱エアコン霧ヶ峰はGEシリーズといってグレードはボトムもミドルもフラグも…3種類用意されているそうです!

しかもしかも!ボトムの商品のなかでも床温度センサーが付いているのやハイブリット運転機能が付いていたり

 

機能の良さを、どのグレードにもふんだんに搭載してくれているのです!!!

 

その点で、価格が抑えられたボトムの製品も人気があるようです

 

余談ですが…筆者はあらゆる人の賃貸の家にお邪魔する機会が昔あったんですけれど、最近の賃貸ってだいたいどこのエアコンも霧ヶ峰だな~~~っておもってました!!(ひとんちのどこみてんねんw)(霧ヶ峰が選べれてるって話をしたかった家電素人←)

5、シャープ

 

シャープのエアコンは安さが強い売りのようでボトムのHSシリーズの売れ行きが高いそうです!

 

例えば広告とか出すときに『安いエアコンあるよ~』と呼びだすとき、それはシャープのエアコンのことが多いんだそう

 

6、東芝

 

東芝はボトムとミドルが売れているようで

東芝のめっちゃいいところは空気清浄の機能がボトム商品からついているそうなのです!

 

しかも東芝の空気清浄能力(?)は、聞いてびっくり国で認定されているみたいで、その機能高さや〝ちゃんとしてる感〟は明白です!

 

ちなみにこの機能が付いているといいよ!と【マジック熱交換器】の話を教えてくれたのですが

この熱交換器っていうのは汚れが付かないコーティングになっていてホコリとかカビとかそういうのを防いでくれて、むしろ使う旅に綺麗に洗い流してくれるんだそうです。

 

エアコンの掃除って業者に頼めば1~3万とかお金がかかるし、スプレータイプの自分で噴射するタイプのも500円から1000円くらいかかって、なのに気休めにしか汚れが取れてない感を味わった記憶です

 

熱交換器能、いい!←

 

7、富士通

 

フジツーは…取材に協力してくれた販売員さんのお店ではミドルタイプの店とのコラボ商品が、価格も抑えられているって事で人気があるみたいです

 

8、コロナ

 

コロナって、昔からエアコンも作っている電機メーカーのようなのですが…。失礼ながら筆者は初めて聞きました!

 

売れる商品はコロナのなかだったらボトムの価格の安いモノが売れてるみたいで

 

(ぶっちゃけコロナ商品は夏だけ売上伸びしろがある感じ~っていってました!)

 

9、アイリスオオヤマ

 

アイリスオオヤマのエアコンは、安さ重視のボトムが売れているそうです。

 

(そもそもアイリスオオヤマが一番強いのは吸引力(ふとん乾燥機や除湿器)だしね~ってその場を和やかにしてくれました!)

 

メーカー別におすすめまとめた〆に言い訳ぶっこむ←

 

※これについては初めに〝いいわけ〟みたいになってしまうんですけど、

販売している店にも売り上げや売れている商品もさまざまで…でムラがある!!!

と、いうのもリアルな話、あるみたいなのです。

 

店って、〝ヨドバシ〟とか〝ヤマダ電機〟とか。

 

筆者が話を聞いた販売員さんの勤め先も、

電車の中刷り広告でお馴染みなほど大手の家電量販店なんですけれど

 

力を入れるメーカーが月々それぞれ違いアリ。…といいますか。

メーカーの担当営業サン次第!(←)

メーカーの各々のキャンペーン次第!…とか。

 

そういうのもあるからどれが売れてるとか『一概には言えないんだけど!!』と、この取材の中で幾度もこの言葉をプッシュされたんですけれども

あ、メーカーってソニーとかパナソニックとか東芝とか。

 

 

さらにもっと突っ込んで離せば北海道とか新潟とかの寒冷地の場合や(寒冷地モデル)

湘南江の島・茅ケ崎、沖縄など塩害がある地域とかによっても(対塩害モデル)売れ行き商品の話が全く変わったりする特例もあるみたいなのです。

 

 

…なので最後の締めくくりがなんともゆるすぎるのですが…

 

一概にはいえないそうです!(大手家電量販店“月に100万以上売る女”売れっ子販売員談!)←(ぉぃ)

 

電気代のワンポイント②
フィルターに誇りが詰まりまくったまま使っていると、有害な空気をまき散らすだけではとどまらず、電気代をなんと約30%引き上げていた!(フィルターの掃除・手入れを怠らずにつかた時と比較)
エアコンチョイスワンポイント

寒冷地や海が近い地域(塩害がある地域)はそれぞれの地域にあった商品がある

まとめ

 

今日はおすすめエアコンについて書いてみましたがいかがだったでしょうか??

 

今後もまたよきな情報がはいたり話が聞けたりできたらこちらにどしどしシェア致しますです!

 

最後までお読みくださりましてありがとうございました!

 

電気代に関するワンポイントを最後におさらい

 

…〆の挨拶まで済ませておきながら…

今回出てきた『2019年の夏はついに電気代を安くできるかも』なポイントをまとめさせていただきます!

 

電気代のワンポイント①

 

ここでいう〝電気代はフツー〟についてですが、

最新のエアコンは昔の旧型エアコンを使うのと比べて、とっても電気代が安くなります。

近ごろの最新エアコンは、部屋のサイズとエアコンがマッチしてる適正なサイズかつ、フィルターが綺麗な状態であれば、〝つけっぱなしの方が電気代安い〟という世にも奇妙なワンダフルがおきるというほど、電気代が安いのです。

古いエアコンは電気代を喰うので、最新のエアコン本体(高い)に初期投資し電気代を浮かせるのと比べると…って話をのめり込んで聞いて、おぉぉぉ!ってなった筆者でした←

(さすが売れっ子販売員wお客さんがどんな言葉に胸を打たれるか、財布のひもを緩めるか、購入の決意をさせるのか極意わかりまくってるw)

電気代のワンポイント②
フィルターに誇りが詰まりまくったまま使っていると、有害な空気をまき散らすだけではとどまらず、電気代をなんと約30%引き上げていた!(フィルターの掃除・手入れを怠らずにつかた時と比較)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です