竹田恒和(JOC会長)の質疑応答なし会見がまかり通った理由は?会見内容も!

こんにちワッショイ!

 

今日は先ほど行われたJOC竹田会長の会見に注目したいとおもいます!

 

贈収賄疑惑にかんする会見はなんと7分で終了し、しかも内容は完全質疑応答ナシのスタイルで行われたのだとか!!!

なぜそんなことがまかり通ったのでしょうか??

さらに、その会見で語られた内容とはどんな内容だったのでしょうか??

 

それでは調べてみたいとおもいます!

竹田JOC会長の1/15の会見内容!

 

それではまずはじめに今日行われた竹田会長の会見内容について検索してみると…

産経さんからライブ放送があったようなのでそちらをシェアさせていただきます!

 

 

ちなみに簡単な動画のチャプタータイムですが4分21秒頃に竹田会長が現れ、会見として竹田会長が実際に話すのは6分2秒から。

そして会見はざっとはなすと自己紹介からから始まり、簡単なお礼の言葉、関係者さんへ心配をかけたことのお詫び、からの東京2020オリンピック元理事長としての言葉を述べる。

そして7分14分から2つのコンサルタント業務に関することと話し始められる。

動画の12分46秒の時点で竹田会長の話は終わる。

 

っとこんな感じ。

 

竹田会長の会見をざっくりと!

●7分で終わった

●質疑応答タイムは無しとされた

●「逃げ恥会見」と、称される結果に(=新垣結衣さん×星野源さん主演ドラマ逃げる恥だが役に立つをもじった)

 

ちなみにそれを見たTwitter民のお言葉をこちらにもお借りしてきたのですがこんな感じで…

 

 

 

かなり厳しい声が飛び交っておりました。

しかし実際に会見を見た筆者もそう感じたので…日本中のお茶の間でそうツッコミが起きた(見てた人はって規模だけど)と言っても過言ではなさそうな感じなのです

 

 

ではなぜこんな…逃げ恥会見や独り言会見などと揶揄される会見がまかり通ったのでしょうか??

気になったのでぐぐってみました!

なぜ『質疑応答ナシ』がまかり通ったの?

 

なぜこんなことが出来たのか…

 

調べてみたところ正式な答えは見つけることができませんでした。が、こんな意見がありました!っという感じで僭越ながらまとめさせていただきました!

 

 

●フランスが起訴するとかどうとかゴーン氏がらみな問題と大きくなっているから

●裏の圧力と権力と金

●竹田さんを曝すのを引き延ばしてここぞというタイミングをはかっている

 

 

などと、辛口気味の想像コメントはふんだんに広がっていましたです。

 

 

 

 

しかし、なぜそんな会見だったのか…本当のところは今のところ解っていないので何か今後情報がリークされたりすることがありましたらこちらにもついいさせていただきますです!

 

 

・・・・こんな会見のボイコットのようなもの…。

三谷幸喜監督作品・ザ有頂天ホテルの会見ボイコッター武藤田先生(佐藤浩市さん)もきっとびっくりだし、

ホテル副支配人の新藤さん(役所広司さん)にだってこんな逃げ恥会見のマスコミの激高ぶちに対応し会長を会見開場の敷地外まで無事に送り出せるかどうか…。(映画からの妄想と現実の狭間のはなしにはなりますが…←)

 

え?有頂天ホテル見たことなかったら…笑えて人間味あふれ深いい作品なので是非あなたにもお勧めです!←

 

まとめ

 

今日はJOC会長竹田恒和さんの会見について書いてみましたがいかがだったでしょうか?

 

今後も何かわかったことがありましたらこちらに追記していきますです

 

それでは最後までお読みくださりましてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です