3月のライオンの最新話154話のネタバレと感想!最新刊14巻の続き!

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は2018年12月28日(金)発売の

ヤングアニマル1月号(1月11日号)から

 

《3月のライオン》の最新話【最新刊14巻の続き!!】

Chapter,154のネタバレと感想をまとめていきたいとおもいます(*‘∀‘)

3月のライオンの最新話を無料で読む方法がある!

 

今すぐ3月のライオンの最新話を無料で読みたいあなた様!

なんとmusic.jpで今すぐにヤングアニマル1月号が無料で読めます!

 

music.jpでヤングアニマルを無料で読む

 

ヤングアニマル1月号に3月のライオン最新刊14巻の続きのお話が掲載されています!!(*´▽`*)

 

この記事ではこれから、実際に読んでみた視点でストーリーやセリフのネタバレが公開されています!

もし、文章のネタバレでなく絵付きの漫画ネタバレが読みたいという場合は下記の『漫画を無料で読む方法』をご覧ください!

漫画を無料で読めるサイト【最新刊も◎】特徴やメリット・デメリットも!

2018.12.12

 

無料ですませる流れ

 

music.jpでヤングアニマルを無料で読む

 

この最新話の前のあらすじについてはこちらの記事を↓↓どうぞです(*´▽`*)!

3月のライオン|最新刊14巻のネタバレと感想!無料で読む方法もチェック!

2018.12.31

 

それでは文字による最新話のネタバレでございます!

3月のライオンの第154話のネタバレ!

 

学園祭も終わりに近づき、
殆どの生徒は教室から離れ校庭に集まって来ていた。

レイは職団戦の途中だったが、将棋の生徒さんでもある先生たちを置いて(島田さんに預けて)走ってきたのだ。

ヒナはレイに食べさせたいと思って取って置いたいちにんまえの白玉と安倍川餅を嬉しそうに振舞っていた。

ヒナ「おいしい?」

レイ「うん おいしい」

ヒナ「白玉はふやけちゃうからシロップは別にしておあたんだ。それと安倍川!あつあつじゃないけれど焼いて少し経った安倍川ってお醤油がしみしみになっててひなすごく好きなんだ」

レイ「うん!おいしそうだすごく!!」

ヒナ「眼帯はねちょっと失敗だった。こう…お玉と器の距離がつかめなくていっぱいこぼした」「—-で雨の廊下で床が滑ってステーンって でもお皿割らなくてよかった〜!!」

レイは今日の出来事を話すヒナの表情豊かな顔を幸せそうに見ては、白玉や安倍川餅を口に運んだ

ヒナ「ううでもなんか どんどんズキズキしてきた」

レイ「そういえば左足が腫れて少し大きくなってきたよ。うーん今日はもう座ってたほうがいいかも」

ヒナ「ええっっでも後夜祭のファイヤーパーティ楽しみにしてたのに!」

レイ「…じゃぁ はい」

レイがスッと差し出した腕に、なんのためらいや緊張もなく掴まるヒナ。

——
—-

その様子を心配で心配で机の下で隠れて見ていたつぐみちゃんにアンナちゃん。

アンナ「ねぇ?!ほんとに?!ホントにこれでまだ…付き合ってないの?!あんなに自然に腕を組んでいるのに?!何がいけないの?!何で付き合わないの?!」

つぐみ「……………」

——-
——–

レイとヒナは後夜祭に向かうべく校庭に向かっていた。

その時レイのクラスの前を通りかかり、クラスメイトの出し物がうまくいったか気になっていたレイはちょっと覗いていっていいかヒナに尋ねる。

ヒナ「れいちゃんのクラス? トロッコゾンビやぶさめ改め…『ゾンビダーツ』?おもしろそうだねれいちゃん」

察したレイ「小池くんたち、、がんばったんだな、、、」

——–
——

【お待たせしました!駒橋高校文化祭の後夜祭ファイヤーパーティースタートします!生徒の皆さんどうぞ校庭へ!!】

生徒は校庭に集まりだし、わいわいとさらに活気だってくる

大きく燃え上がる炎を目の前にしたヒナは興奮しまくっていた

ヒナ「すごい!!きれい!!でっかい火!!三月町のお祭りだってこんなに大きな火はたかないよ?!すごい!高校ってすごい!夜になってもみんな学校にいるのも不思議!今ここに三日月堂の白玉シロップの屋台だしたら絶対売れるっっ!!」

レイ「たしかに!!さすがひなちゃん」

ここでレイは後ろ話しかけられる

小池「あ!!将棋せんぱい!!来れたんですね?!」
山下「せんぱい!!ゾンビ見てくれました?!」

レイ「あ 小池くん、山下くんおつかれさま見てきたよ!!」

レイ「どうだった?トロッコゾンビやぶさめ 何かタイトルが貼り直されてたけど…」

小池「ああ!!開始15分でトロッコが大破してましてね!!急遽内容を変更したんですけど、、ま☆おおむね好評でしたよ!!」

レイ「そっか好評だったなら良かった!!間に合わなかったのか、、、、、」

レイが話している途中で、レイの後ろからひょっこりヒナが顔を出す

小池「え?!ちょまっっうわっっなに??!かわいい?!!!中学生?!!」
山下「絵?!、ちょっとまって…うでを組んで店?!」
小池「どゆ事せんぱい?!仲間だと思ってたのに!!」

山下「え?何年生?」
ヒナ「1年です、、、、、」

小池「1年…?!ってことは4っつ下?!犯罪ですよ!!!!ただでさえ先ぱいは先ぱいなのに去年まで中学生だった子と?!」

ヒナ「わわわあのちがいます!わたしっ脚をくじいていてっっだからあの手を貸してもらっていただけでっっ」

ヒナは顔を真っ赤にして状況説明をするも、、、

小池「わーーーーあせるネコ耳かわいい!!うん!やっぱせんぱいゆるせないっっ!!」

小池「この橋高祭がおわったら桐山くんって呼ぼうと思ってたのに」

山下「一緒にゾンビ作って友だちになれたと思ってたのに!やっぱり先ぱいは先ぱいだっ!!」

レイ「えっっえぇ?!」

山下「今夜は男だらけでマイムマイムとか踊っちゃおっかなーって思ってたのにっっ!!」
小池「こんなかわいい彼女がいたなんて!!」

小池・山下「せんぱいの裏切り者!」「一生せんぱいって呼んでやる!」「一緒に踊ってあげないんだからねっ!!」

ヒナ「え?!あ…あの違うんです!!!!!」
レイ「…」

わーのわーの叫びながら退散する小池くんと山下くんに最後まで否定しつつヒナは慌てている。さらには恥ずかしくて顔も真っ赤にしていた。

そんなヒナの後ろでレイははっきりと優しくこういった

レイ「ちがわないよ」

ヒナ「…え?」

レイ「ちがわないよ」
レイ「というか違わなくなりたい」

【——-まっ黒な夜空にオレンジの光の粉がはぜて——まるで金木犀の花が燃えているみたいだった】

 

レイ「ひなちゃん 君が好きだよ」

感想!

 

れいちゃーーーーーん!!!

単行本14巻読みました!からのこのヤングアニマルでの続き掲載、、、最高かよーー!!!

レイちゃん、何度か告白してるけど、、
今回のが一番グッときてさいこーだった!!

ひなちゃんは、、受け止めれるのかなーーあわわわわわわ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です