3月のライオン|最新刊14巻のネタバレと感想!無料で読む方法もチェック!

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は2018年12月26日発売の

最新刊【3月のライオン・14巻】から

 

ネタバレと感想をまとめていきたいとおもいます(*‘∀‘)

3月のライオンの14巻を無料で読む方法がある!

 

今すぐ3月のライオンの14巻を無料で読みたいあなた様!

なんとmusic.jpで今すぐに3月のライオン14巻が無料で読めます!

 

music.jpで【3月のライオン・14巻】を無料で読む

 

この記事ではこれから、実際に読んでみた視点でストーリーやセリフのネタバレが公開されています!

もし、文章のネタバレでなく絵付きの漫画ネタバレが読みたいという場合は下記の『漫画を無料で読む方法』をご覧ください!

漫画を無料で読めるサイト【最新刊も◎】特徴やメリット・デメリットも!

2018.12.12

 

music.jp

で【3月のライオン・14巻】を無料で読む

 

 

それでは文字による最新話のネタバレでございます!

 

3月のライオン最新刊14巻のネタバレ!

帯:待望の第14巻〜時とともに優しさを増しあたたかさに包まれる珠玉のストーリー〜

折り込みカラーポスター(開くと漫画と同じくらいのサイズ):ひなちゃんとあかりさんとももちゃんと、何故かハチクロのハグちゃんに山田さんまで(*’ω’*)!可愛い水玉のドレスに身を包み可愛い応援ポンポンを持つイラスト。

 

ふわふわの宝物

お話は、とある日のあかりさんとももちゃんの夕飯の買い出しの時だった。

八百屋さんの看板猫、2代目マニーちゃんの可愛さにももちゃんもあかりさんもメロメロ。

本当はトマトを買いに行ったけど、マニーちゃんのオススメであかりさんはトウモロコシを買うほどに…!!

そしてその夜、川本家ではマニーちゃんの1代目から現在の2代目マニーちゃん生い立ちと三月町での看板猫歴史が語られる。

さらに数日経ったある日、なんとマニーちゃんに3代目が生まれたと三月町中の重大トピックスニュースとして騒がれる。

マニーちゃん3代目はまさかの32倍のドラフト会議でビューティーウミコ行きがきまった。

マニーちゃんがやってきたビューティーウミコはマニーちゃんを交えての近所のおばちゃまたちのお茶とメイクとおしゃべりの憩いの場となる。

そんな光景をみて、ひなとあかりはそういうお店の在り方ってすごくいい。と真剣に自分たちに置き換えてああでもないこうでもないと話を交差させつつ考えていた。

やりたいことがわくわくと楽しみになるほどに湧いてきてはリアルに光景を想像しつつ、興奮気味の2人の帰り道だった。

なつかしい味①

ひなとあかりさんはとあるお店で甘味を頂いていた。

ピーナッツの甘煮にタロイモの甘煮がトッピングされた白玉ぜんざいのようなものを頬張っては観察し、

良いところを自分たちも真似できないかと奮起しては盛り上がり、そしてその美味しさにもテンションは高まりっぱなしな二人だった。

どうやら夏休みの最後にちほちゃんに会いに行き、
その時知り合ったちほちゃんのおねいさん分、台湾美人のリンユーさんに教わった甘味だったようだった。

ちほちゃんは相変わらずおっとりしつつも、とても暖かい表情にもどっていて、優しく暖かい、嬉しい気持ちでいっぱいになる再開だった。

甘味をたべつつちほちゃんとの時間を思い出すひなちゃん。

そして、甘いピーナッツを家でも再現できないかあかりさんに相談する。

あかりさんもこのピーナッツを作るべく前向きにウキウキした気持ちになっていた

【そう…時間の粉はゆっくりと等しく みんなの上に降りかかり —–私たちはそれぞれがその中を 一歩一歩 進んでいるのだ…】

—-

そうして川本家ではピーナッツの甘煮作りに取り掛かることになる。

ピーナッツを煮ようにも、まず薄皮向きに苦戦する二人。

そこでカレーでレイを呼び出し、薄皮ムキに参加してもらう。

あかりとひなは時間を測っていろいろ茹で変え試行錯誤する。…結果圧力鍋を使うことにしてみる。

レイはふと考え、林田先生と島田さんをここに呼ぼうと提案する。

あかり「え?!ええ?!何を言い出すの桐山くん!こ、こんなことで?!学校の先生とプロ棋士の先生を?!も申し訳なさすぎて頼めないわ!」

レイ「大丈夫です。今晩はカレーです☆って言えば飛んできますよ お腹すかせて」

あかり「え えええ」

ひな「おねいちゃんたすてもらお?おわんないよう」

なつかしい味②

 

桐山よりメッセージ【あかりさんから伝言→「生ピーナッツの皮むきを手伝ってもらえませんか?」との事
「お礼に、晩ごはんがついてます。今夜は豚コマカレーです」だそうです】

林田先生はゴロゴロとした休日を過ごしていたがハッと起き上がりすぐに支度を済ませ、わたわたいろいろ不足の事態ながらに、あかりさん宅へむかって最速のスタートをきった!

しかしその道中、頭の中はいろんなことが思い浮かぶ。

さすが羽海野先生といわんばかりの名言も飛び交う。

一方島田さんは、立会人の仕事で洞爺湖にいた。

そのことを写真付きで返事を返す。
——-島田さんが来れないことを知って先生は心中ホッとして、ホッとしたことにどんよりとしつつ電車のつり革にガックリと体重をかけた

先生はつくなり茶の間に通され、さっそく皮むきに入る

その時レイは「ふたりは先のことを考え始めた。おじいちゃんのお店をどう引き付いでいいか、、かんがえているんだ。こういう小さなことも大事で彼女たちがやりたいことは全部応援するつもりだ」とまっすぐ目の前を見据えたまま先生に語る。

先生は電車の中で恋だの酸いだの甘いだの島田さんが恋敵だの、、くるくる考えていたことを、そんな自分をまたもどんよりと軽蔑するおもいだった

気持ちを切り替えて、皮むき方法をググりまくる先生。

そのわきてレイはぼそぼそと野口先輩と先生の恋路について話し合って意気投合したことを思い返していた(めっちゃセリフが引き締め合う5コマでしたがたのしくよめちゃいました)

【自分の人生をコメディなのかと嘆くものもいれば その姿に は胸をあっためられるものもいる 天国とか地獄とか言うけれど そこがゴールかどうかだって ホントのところは誰にも解りゃしないんだ】

赤い橋のほとりで①

 

レイは考えていた。

誰かと誰かを恋互いにするため自分が何かするのはおこがましいことだけれど、

レイが信頼している島田さんか先生のどちらかがあかりさんを支えてくれれば素敵だなぁと

—-

皮むきの晩御飯の時間、先生は来る途中に川で釣りをしていた人をみたとあかりに話しかけた

そのことからレイのひらめきでみんなさそって釣りをしようということになる。

—-
—–
三月町の川で釣れるのはハゼ。

それに合わせて竿や仕掛けなどを後日、島田さんと先生とレイは買いにきた。

そうして川で待ち合わせて川本姉妹と合流しいざつり!

赤い橋のほとりで②

 

 

モモははじめての釣りに興奮気味。

なんでもやるやる!やるー!と張り切っていたものの、ハゼを釣るエサの活イソメをみて、衝撃を受け怖がりトラウマ級のショックをうけてしまう。

その和やかな情景に島田さんは終始楽しそうだった。

レイが釣りをしようとするとひなが駆け寄ってきてやってみたい!とやる気満々なすがたをみせる

ひなもイソメを針につけるようチャレンジするも膝からガクブル状態でレイがさっそうと変わってのける。

ほんとうは気持ち悪いし苦手だけど、、、君がやりたいっていうなら笑ってくれるなら、、、と心の声コメントが入って二ヘラヘラと笑い笑顔満点のレイ

その光景にカチンときてるつまんない空気漂う島田さんと先生チーム

ねちねちねちレイのはなしをしては魚を釣り上げ、

気がつくとバッカンは魚でみっしり。

先生「おれたち何やってんでしょうか」

島田「そうだなたしかに、、」

先生「っていうか、、、島田八段」

島田「、、はい、なんでしょう?」

 

先生「あかりさんのことどう思ってますか?」

 

赤い橋のほとりで③

 

島田「、、、、、わ、、、わからん、、、」

先生「わ、、わからな、、、はい?」

島田「や はぐからしてるとかでなく正直な話自分でもよくわからんのですよ」

島田さんの話はさらに続いて、ことの結末としては

「妄執です。幸せとかよりどうしてもタイトルがほしい、、」

そして島田さんは自分を鳥に例えるなら自分の羽は足で漕ぐやつだと揶揄し先生に恋愛の余裕がないことをかたる。あったとしても、、、それは相手の女性にとってはちょっぴりすぎてしまうのだという過去からの例えも話してくれる

島田「でも先生 こんなはなしをして自分を卑下しているみたいに聞こえたかもしれないが むしろ神の助けなどなくっても人力でここまで来れた自分を高く評価してゆねっ!!!」

先生「ああっもうっっ、、、ずっと前から好きでしたっっ!!」

と、、すっかり二人は恋のライバルとしての土俵に上がる前に、、同世代の男同士として仲良しになってしまうのだった

その光景を、、心配で様子をみにきた野口先輩はひしひしと心配するのであった

 

赤い橋のほとりで④

 

たくさん釣れた新鮮な魚を見てあかりさんは青ざめる

そして歓談中の茶の間のメンバーに声をかける。

ハゼをさばけばイソメが未消化ででてくる!!!!

っということで魚の処理を男性陣が受けもつ。
すかさず先生とレイがリタイヤ。

、、、で島田さんがすべて腹わたをとって下処理をする

それをあかりさんとひなちゃんがおいしくふらいにしてくれた

みんなでワイワイ食事中、島田さんの前に小鉢の別メニューがあることに気がつく。

するとあかりさんは、オクラと山芋と大葉とミョウガと出汁醤油の和え物で胃痛持ちの島田にフライメニューだからと、、、とそっとつたえた

そのはなしをしっかりと聞いてた先生の心からは冬に水たまりに貼る氷が割れるような音がしてきた

 

赤い橋のほとりで⑤

 

みんなでお腹いっぱいになった後

三日月堂の近くの空き地で花火をした

ひなは、みーーんなでいるのが楽しくて嬉しくて幸せでしょうがないようだった

おじいちゃんがふと、みんなの為にあずきアイスを仕込んでいたと思い出しあかりさんにとってくるように頼む。

気を利かせレイもあかりについていく。

その姿を幸せそうに残ったメンバーでながめ

ひなは、姉とレイの仲の良さを語り

3月のライオン史上No.3以内に入るだろうすっとぼけコメントをかます

秋の風景①

 

れいとひなの通う駒橋高校では文化祭である橋高祭の準備で学校中が賑わっていた

そんななかレイは隠れていた。

—-…

れいにとってはさいごの文化祭。

自分のクラスの出し物がめっちゃツッコミどころ満載で、かつクラスメイトの山下君と小池君と一緒に作戦を練っては語っていたら楽しくなっていた。

で話は戻ると

なぜ隠れていたか。

それは先生方の将棋職団戦もちかく先生たちが即勝てるハメ技や無敵戦法、奇襲方法など教えてくれとゾンビのように闇落ちしてしまったのだ

れいはかくれていたが、そこをひなたにみつけられた

ひなはおねいちゃんがつくったドーナツをわたし、文化祭で妖怪カフェをやるんだと楽しそうにレイにつげる

そしてひなが去っていくとレイはそのまま闇落ちしま林田先生につかまってしまう

レイは文化祭と職団とかが重なったことに悶々とし
ひなの妖怪姿やお汁粉がうまくいったかを気にし、
クラスのトロッコやゾンビのことまで心配し、、そんなことを考えている自分は、なんと文化祭に間に合ったんだと、ギリギリ心だけでも!!!とハッと気がつくのであった

秋の風景②

 

雨がふっている

室内から島田さんは自分の雨男としてのパワーは甚大だと…まじまじと降りしきる雨空を眺めていた

そしてこのたびの将棋大会の参加者は2000人を超える凄まじい圧巻の戦いだった

ひとたび、くまくら九段の開始の合図で一斉に駒音が鳴り響く会場内

ここでなんと藤原デザインのマリオ社長も類似社長が突然の登場!!!!

 

…そして山崎さんが社長二人のコーヒーを買って、すごく変なしかも文字までかかれたジャージ?(美和子さんチョイス)を着て晴れやかな笑顔を相変わらずこぼしていた(*´▽`*)

 

 

そして会場で戦う真山君と、のみやさんと花本先生の闘志をみまもっていた

 

秋の風景③

 

—–

駒橋高校職員ちーむはなんとか勝ち越し、つぎの対戦相手は「藤原デザイン」ということだった。

レイが試合前に飲み物を買いに行くと、「対駒橋高校」
で作戦会議を繰り広げるチームに出くわす。

藤原デザインのチームは花本先生、野宮さん、真山、高井戸さん、経理の金子さんで組まれていて、リサーチ情報をふまえてのマックをかこみーのな入念な作戦会議だった。

そしてそんな会議が繰り広げられていたことを、レイは急いで皆に伝えに行く

しかし試合前にそんなことをつたえても不安にされるだけなのでは??と、相手の立場に立って伝えるべきか否か考えを巡らせていた

先生たちの元に戻ると、、、先生たちはレイのことを褒めるんだかディスるんだか、いやディスってた

ディスりのパワーで一致団結する光景を見たレイはあまり見せない表情を顔いっぱいに浮かべ

買ってきたコーヒーは本部にさし入れようと気持ちを切り替えた。

秋の風景④

 

 

駒橋高校vs.藤原デザイン!!

勝った方が来期からBクラス!と互いに緊迫した状況だった!!!

みな死闘を繰り広げ、ラスト真山と、黒岩先生の戦いに勝敗が委ねられる、、!!!!

そして真山は敗れ、駒橋高校の勝利!!!!!

しかし、嬉しいけど嬉しいけどとかわいいけと変な顔で喜びか煮え切らないれいなのであった!

、、、試合には負けてしまった藤原デザイン。

さっそうと解除をあとにしようとする出場メンバー。

そこに社長からメッセージがはいり、指導他局がくまくら九段ということで必ずや抽選をエントリーするように!!!!!とのことだった

—-.

れいは本部控え室にきていた。

そのタイミングで文化祭をたのしみまくっているひなからメッセージがはいる。

ヒナのメッセージ「————-でももし、もし間に合うようなキセキが起きたら冷やし白玉とあべ川もち 一人前だけかくしてあるの よかったら れいちゃんに食べてほしいな(あ!!でもでも無理はしないでね!)ひなより」

 

 

秋の風景⑤

真山はくまくら九段とのレッスン指しでくしくも次の手を出せずに投了を宣言した。

…そして真山がくまくら九段とレッスンできたことで目の前でくまくらさんを凝視できたことにマリオ&ルイジ社長らは感極まり涙を流していた。

そしてエアドロップでえげつない量の撮った写真を送信しあっていた。

心が浮かれ通しな二人は職団戦にでたメンバーに特別手当の金一封を差し出しその場を後にする。

真山と野宮さんと花本先生は自分たちの「女」の話で盛り上がっていた。

…ネタバレするなら、真山はリカさんと付き合ってる。野宮さんは山田さんと結婚し、さらに実家の山にどえらい陶芸品を焼く登り窯まで作っていた。

さらに花本先生もハグとなんとなーくの恋人同士のようで、、、

ハグはなんと、山田さんの登り窯の横にしつらえてある小屋に巣を作って住みついているとのことだった。

(ちなみに真山の彼女となったリカさんも登り窯の敷地にテント設営して住み着いているらしい←)

……ハチクロから三月のライオンと、うみの先生の作品ファンさんは是非ともここのやり取りは漫画で絵付きで、セリフも一字一句逃さず読んでほしいなぁ。。とねがってしまうばかりです!

—–
—-

レイは3人が揉めているのを横目に、いけている人集団でも誰かと一緒になるのは大変なことなのか、、と悟る。

そして自分とひなのこの一年を振り返ると、楽しいことばかりではなかったと気がつくのだった。

どんなに辛くても投げやりにならずに、大事な人に寄り添おうとしていた彼女(ひな)のことを思い出していた。

そして、彼女が遠慮がちにメールしてくれた文章の内容をそのままとってはダメだと気がつく。

そして学園祭にむかいたく思い将棋会場を後にしようと島田さんと溝口さんにその場をお願いし走って向かうレイ

—–

ひなちゃんはぼーっと窓の外を眺めレイがいつくるかとまっている。

そんな光景にクラスのつぐみちゃんやあんなちゃんはひなの恋心なのだと勘を働かせる。

しかし、ひなは認めない。さらにはおねいちゃんとレイがお似合いといって聞かず、、そのくせその話をしながらボロボロと涙を流し始めるひな。

 

オロオロするあんなちゃんだったが、つぐみちゃんがなんとか冷静にその場をうまくやりやった。

—-

ひなちゃんは2人の元をとぼとぼ離れ、校内をうろうろしていた。

すると、校門をくぐるレイの姿をみつけ、大きな声で叫び駆け寄る。

階段で転びそうになりつつもレイが受け止めた。

ひなは泣いていた。

ひな「きてくれて嬉しいぃ〜あ…あとっっがっ学校が楽しいくて…嬉しい!!れいちゃんほんとに…ほんとうにれありがとう」

【雨のカーテンが開き金木犀の香りが辺り一面に満ちて大事に降り積もらせないと手に入らなかったもので 世界は金色に輝いていた】

 

 

レイが来てくれた文化祭の終盤!!この続きはこちらからどうぞ!

3月のライオンの最新話154話のネタバレと感想!最新刊14巻の続き!

2019.01.05

感想!

 

14巻…帯に待望のと書かれていたがまさにそのとーーり!!

 

そして今回はどのシーンも大切にセリフも一字一字大事に読んでたら

一回目読み終わるのに2時間以上かかっちゃいましたよ。

 

そして毎巻楽しんでいますが、うみの先生ファンだったら是非に14巻のラスト【ウミノの部屋】までちゃんと読んでほしくなりました!

 

…せんせい!そんな前から構想をぉおぉ!!

物語の書き手さんにはすごいでいっぱいで頭が上がらぬ思いだな~とかんじる14巻な筆者なのでした

14巻を読んで、ウミノ先生の『ハチミツとクローバー』を無料で読みたくなったあなたへ

 

今すぐハチクロを無料で読みたいあなた様!

なんとmusic.jpで今すぐにハチミツとクローバーも無料で読めます!

 

music.jpで【3月のライオン・14巻】を無料で読む

【期間限定で何巻か無料公開されているようです!※2018/12/31現在の情報です】

 

無料ですませる流れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です