転生したらスライムだった件の最新話50話のネタバレと感想!2018年12月26日発売シリウス2号掲載!2本立て前編[]

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は2018年12月26日(水)発売の

月刊少年シリウス2019年2月号

(平成31年1月1日発行)から

 

《転生したらスライムだった件》の第50話

最新話『精霊の棲家』のネタバレと

感想をまとめていきたいとおもいます(*‘∀‘)

 

今回『転スラ』はなんと2本立て!!

転生したらスライムだった件の最新話51話のネタバレと感想!2018年12月26日シリウス2号掲載・後編[精霊女王]2018.12.27

転生したらスライムだった件の最新刊を無料で読む方法がある!

 

この記事ではこれから、実際に読んでみた視点でストーリーやセリフのネタバレが公開されています!

もし、文章のネタバレでなく絵付きの漫画ネタバレが読みたいという場合は下記の『漫画を無料で読む方法』をご覧ください!

 

漫画を無料で読めるサイト【最新刊も◎】特徴やメリット・デメリットも!

2018.12.12

 

何はともあれ今すぐ最新刊を無料で読みたい場合はこちらからどうぞ!!↓

 

 

無料ですませる流れ

 

 

それでは文字による最新話のネタバレでございます!

 

前回までのあらすじはこちらで↓↓どうぞです!

転生したらスライムだった件49話のネタバレ![最新話]大商人ガルド・ミョルマイルの感想!2本立て後編!

2018.11.29

転生したらスライムだった件48話のネタバレ![最新話]先生のお仕事の感想!2本立て前編!

2018.11.28

転生したらスライムだった件47話(最新版)勇者のなり損ない|ネタバレと感想!

2018.10.26

転生したらスライムだった件の第50話・最新話『精霊の棲家』のネタバレ!

 

 

—–
—-
リムルは暴れスカイドラゴンを撃退した日の夜
ミョルマイルの招待を受け王都の一等地にある高級酒処にやってきていた。

彼の口利きで今夜は店は貸切。

リムルは店の料金表をみてふきだすほどの価格だった。

それでもシャンパンタワーをしたり存分に楽しい時間を過ごしていた。

リムルは正体を隠すために子供の姿で来店していた。

そんな子供なリムルに腰の低い対応をするミョルマイルをみて、店の他のスタッフは不審に思って、ひそひそと噂話で盛り上がっている。

そんな囁く程度の噂話も魔力感知によってリムルにはすべて筒抜けであった。

リムルは大人の姿の方が体裁がよかったろうにとミョルマイルへ侘びを入れる。

しかしミョルマイルはそんなことには気にもとめず、リムルが西方聖教会に身バレしないよう精一杯、徹していてくれた。

リムルは、テンペスト産の回復薬についてミョルマイルに話しかける。
今回ミョルマイルは突然のスカイドラゴンの襲撃で惜しみなく使い待人を救っており、その分を補填したいとリムルは申し出る。

しかしミョルマイルはそれを粋に断り、テンペストの盟主であるリムルと近づけた存在になれただけでも嬉しいことだと話した。

そんなこんなで、リムルとミョルマイルは和やかにこれからも取引をしようと話を終えた。

ミョルマイルは手短に話を済ませすぐに席を外す。

店には綺麗なおねいさんがたくさんいることから、彼なりに気を利かせたのだ。

しかしリムルはどんなに美しい女性でも気にかけることなく目ではエルフの姿を探し追っていた。

そこに、ひとりの美しいエルフ。

よくみると、以前ドワーフ王国で占いをしてくれたダークエルフのおねいさんだった。

さすがに子供の姿をしたリムルには気がついてもらえないだろうとリムルが思っていると、ダークエルフのおねいさんはそっとリムルの耳元で囁く。

ダークエルフ「ちょっと向こうでお話ししません?スライムさん」

リムル【おやぁ?】

そうして、ダークエルフとリムルは二人になれる席で話し込むことになる。

どうしてリムルとわかったのか、この国で会えたのはなんでなのか、自らの故郷、、様々な話に花を咲かす。

そんな中で、リムルはひとつ占ってもらえないかとダークエルフのおねいさんに申し出る。

—–

楽しい時間を終え、リムルは店を後にする。

ミョルマイルや店のスタッフが外まで見送りに来てくれ別れを惜しみつつも、またくるとリムルは約束する。

—–
—–

リムルがダークエルフのおねいさんに占って欲しいと申し出たのは【精霊の棲家の入り口】についてだった。

しかし、占ってもらわずしても、ダークエルフのおねいさんは思い当たる場所があるらしく教えてくれた!

しかしダークエルフのおねいさんは「精霊の棲家に向かって帰ってきたものはいないの」と物騒なことを教えてくれる。

さらに、ウルグレイシアの国民が契約の儀式を行うのが大抵町の中央にある祭壇だという。
しかし、その祭壇に上位精霊が現れることはなく、上位精霊と契約を結びたいなら精霊の棲家へいくほかならないのだと、、、。

そうして、、いろいろ考えた上でリムルは精霊の棲家へ子供達をつれて行く決意をする。

そして占いのダークエルフのおねいさんに水晶をつかい精霊の棲家の入り口を見せてもらう(ワープさせてもらった?)

リムルはその精霊の棲家の入り口にワープポータルの魔法陣を設置し、ひとまず子供達の松イングラシアに戻ったのであった、、、。

——
—-
【自由学園 寮】

夜も更けた時、リムルの部屋をノックする音がする。

扉をあけて見るとアリスとクロエが不安そうな表情で待ち構えていた。

どうしたのかリムルは優しくたずねる

クロエ「…先生私たち…明日も…大丈夫だよね?」

リムルはその問いに答えることなく二人を連れて食堂へむかう。

そして二人にホットチョコレートを振舞ってあげた。

すると曇っていた二人の表情は一度晴れ、美味しそうにホットチョコレートをコクコク夢中で飲むでいた。

そんな二人の様子をケンヤ、リョウタ、ゲイルが覗き見していることにリムルは気がついており3人にもホットチョコレートを振る舞う。

きゃっきゃと先ほどの不安な気持ちも忘れ子供達は嬉しそうにしていた。

そこでリムルから明朝の課外授業について、ウルグレイシア共和国ウルグ自然公園という外国にある精霊の棲家にいくと子供達にはなす

今月は次の同じも連載されてます!
そのままつづきます!

 

感想!

 

ミョルマイルの店、すげーーー!

でもって占いおねいさんがすごすぎです!

精霊の棲家はどうなるこのまま連投して読みます!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です