鬼滅の刃|最新話138話ネタバレ![急転]2018年12月10日発売ジャンプ

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は2018年12月10日(月)発売の週刊少年ジャンプ2019№2(2019年1月8日号)から

《鬼滅の刃》の第138話・最新話『急転』の

ネタバレと感想をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

今までのあらすじについてはこちらから↓↓↓どうぞ!!

鬼滅の刃137話のネタバレ![最新話]不滅の感想も!前回までのあらすじも!

2018.12.03

鬼滅の刃136話のネタバレ![最新話]動くの感想も!

2018.11.27

鬼滅の刃135話のネタバレと感想![最新話]悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)

2018.11.20

鬼滅の刃133話のネタバレと感想![最新話]ようこそ…

2018.11.05

鬼滅の刃の第138話・最新話『急転』のネタバレ

 

——
—–

不死川さんはふと、柱たちで集まった時に、お館様の護衛をもっと強化できないか議題にした時のことが頭をよぎっていた。

—-

不死川【お館様 お館様 見えた!!屋敷だ!!大丈夫
間に合う 間に合っ…】

—ドン!!!!!!!—

豪快すぎる爆発音と共に不死川さんの目の前で屋敷は木っ端微塵に爆破し弾け飛ぶ瓦礫と化した。

その場にたどり着き爆破を目の当たりにしたもの、爆発音と共に上がる屋敷の方向の煙を確認したもの、爆薬と大量の血と肉の焼け付く匂いを感じまたもの、、、全てがその場で心が絶望していた。

—–

爆発により体が焼けそげ、眼球も一つしかないゾンビのような風貌の人間がその無念をただひたすらに叫んでいた。

無惨「ぐっ産ッ屋敷ィィィィッ!!!」

無惨【あの男の顔!!仏のような笑みを貼り付けたまま己と妻と子供諸共爆薬で消しとばす!!私は思い違いをにしていた 産屋敷という男を人間にあてる物差しで測っていたがあの男は完全に常軌を逸している 】

無惨はさらに様々なありとあらゆる仮説を産屋敷に対し立てたが、とにかくいまは再生しつつある体の完全体をまちひたもうとしたそのとき…!

血鬼術が目の前で発動される。

肉の種子が四方に飛び散って無惨を囲んでいた。そしてそこから無数の棘が無惨を刺し襲う!それはバラのイバラ棘のようだった

棘は細かく枝分かれし、体を固定して動けなくしていた。そこで無惨は棘から吸収を始める。

そこで珠代が決死の覚悟を決めた面持ちで無惨に飛び込んで来た

珠代「吸収しましたね無惨!私の拳を 拳の中に何が入っていたと思いますか?鬼を人間に戻す薬ですよ!どうですか効いてきましたか?」

その薬の実態自体を否定する無惨。

しかしその否定も虚しく珠代はその薬の完成についてほくそ笑むように語った!

すると無惨は珠代に反撃しつつ珠代の卑劣だったころの話を引き出しては罵声し、辛い事実を突きつけ珠代をせめたてた

しかし珠代はだからこその今で、
自分なりに覚悟を決めての行動だと無惨に力強く言い切るのだった

そして加勢を頼むように、そこにいた悲鳴嶼に声をかけトドメとなる攻撃を懇願する

ゴシャァァ!!!!!!

次週につづく!

感想!

 

どうなるーー?!!!!無惨ーー!!!

どうなったお館様ファミリーーー!!

なんかまさかのあれれで生きていたり、、、する可能性は?!!

今回たんじろうはほぼワンカット←

次はたんじろののほほんも楽しみです〜♪( ´▽`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です