約束のネバーランド114話ネタバレ![最新話]1つずつの感想も!前回のお話も!

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は2018年12月3日(月)発売の週刊少年ジャンプ2019№1(2019年1月1日号)から

《約束のネバーランド》の第114話・最新話『1つずつ』の

ネタバレと感想をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

今までのあらすじについてはこちらから↓↓↓どうぞ!!

約束のネバーランド113話のネタバレ![最新話]楽園の王の感想も!

2018.11.26

約束のネバーランド112話のネタバレと感想![最新話]追悼

2018.11.20

約束のネバーランド110話のネタバレと感想![最新話]すべきこと

2018.11.06

約束のネバーランド109話(進め)の最新版ネタバレと感想!

2018.10.29

約束のネバーランドの第114話・最新話『1つずつ』のネタバレ!

 

※前回までのあらすじ:ユウゴが最後に残していたミネルヴァさんからの電話のメモ。その暗号を解読し「ライオンのアゴ」へ向かうことにするエマら子供達。

———
——

最期に向かう先を地図で確認し、大体10日の移動になると算段を立てる。
そしてユウゴやルーカス、ここまでの道のりでいなくなってしまったメンバーみんなに「行ってきます!」と、明るく手を伸ばし〝明日〟に向かって進むのであった。

——-
—–
【旅程 3日目】

歩く列を見渡すと、誰もがみな明らかに疲れた重い顔ぶれだった。

明らかに辛そうであり、思っていたように距離も進んでいないらしい。
もともとは6人の少数部隊だったこともあるが、現在は55人という大所帯の大移動となっていた。

大人数による小回りの効かないところや、最年少チームに合わせたペース、さらには警戒心による漂う緊張感から疲労心を起こしていたが、
先日、鳥型のカメラで監視されていたことも発見したの気を休めることが出来ずみな、単純に今は見えていない敵にとても怯えていた。

それでもエマは【休むもんか守らなきゃ急がなきゃ】と、家族をこれ以上失わないためにと、目的地到着に奮起していた。

———-
——-
大移動の脚を止め、森で食料を調達し食事をとろうとしていた。
しかし、大所帯には全く足りない食材。

これを見たエマは皆んなを心配させぬようにと、進んでさらなる食料調達をはかりにでかける。

それにドンら子供達も笑顔でついて行った。

森でエマとドンはキノコなどの食材が毒がないか、食べれるものなのかどうか慎重に選んで摘んでいた。
しかし、子供達に目をやるとバラバラガシガシとすでに2つのザルいっぱいに食材を採っている。

子供1「ドン、それ毒あるよ」
子供4「こっちの草なら毒抜きすれば食べられるよう」
子供2「一箇所からとっちゃダメなんだよね!」
子供3「そう!バレやすくなるからね!」

そんな子供達をびっくりポカーンと見つめるエマ。

そんな中、1人の子供は熱心に地面を這うように足跡を捜していた。

探していたのは猿の足跡で、それは食べるためでなく、動物は食べ物がある場所を知っている、しかも猿が食べているものは人も大抵食べれるため、聞こえた猿の声を追うように説明する!

走っておった先には猿が何匹かいて、フルーツのようなものを木の上から落とし、、分けてくれる。

そんなこんなで、めちゃくちゃ大量のさまざまな食べ物を取ることができた。
エマも驚いた顔をしながらもすごい!!と喜んでいる。

子供達は、この二年間、ユウゴと過ごしたことでたくさんこととができるようになったのだと笑って話してくれた。
ユウゴとルーカスの弟子だから旅もへっちゃらだし、がんばるから!しんどかったらエマ達もちゃんと休んでいいんだよ。と、エマの頬を撫でてくれる。

エマはその時、ずっと張っていた緊張の糸が緩み、子供達を抱きしめ優しく微笑んだ。

そして、自分同様、子供達だって一緒に旅をしていたわけでみんな成長して頼れる存在になっているんだと、気がつくとエマ。

そして、みんなで食事を囲み、私達なら大丈夫。どんな大変な旅も大丈夫。と心にとても強く思うのであった。

———–
———-

【旅程 8日目】

隊の進行を進める中、レイとエマは、10日でと到着は厳しそうだと話していた。
けど、みんな無事だという事実にエマは顔を優しく綻ばせた。

そして、ここまで鬼にもあっていないこと、ラートリー家もうまく避けれてること、、10日は無理でも1日、2日の誤差で目的地につけそうということ、あらゆる〝ポジティブ〟をエマはレイに告げ、本当は不安でいっぱいだったことをさらに打ち明けた。

エマ「…私ね、本当は不安もいっぱいだったの。レイもでしょ?」「私、不安だった。シェルターを失って、支援者を失って、ユウゴたちまで失って、本当に大丈夫なのかって。それからフィル。無事なのかあと2ヶ月も時間はあるのか、今すぐ助けに向かうべきなんじゃないか、でも今の私に何ができるのか。」【考えれば考えるほど不安になって焦って】
「でも、あの子たちに気づかされた。そんな時こそまず目の前のことからクリアしていくんだ。不安になったって世界は何一つ変わらない。できることからすべきことから一つずつそれが道になっていくんだから」

レイ「エマ…」

と!!!
ここでレイは鬼の感じが近くにあることを察知する!
皆んなにはこの場所を動かぬように告げ、レイ、エマ、ドンは感じがする方へ駆けていく!!!

すると!
4体以上の鬼が群がり…なんと2人の人間を囲んでいた!!!

囲まれた人「うわぁぁぁぁぁぁぁ!」

レイ「え!」【人??!!!】

次週、鬼世界で、まさかの邂逅—–に続く!

感想!

 

えーーー!!!!

人!!!!

ライオンのアゴももうじきってところで、まさかの人!!!
なんで!!!

、、、先週、この旅をサラッと決めたことに罠なんでは?と不安がっていた私でしたが、
エマたちなんと8日までなにも事なく迎えれたんですね!!
よかったー!ってことで、ここで鬼!!しかも人!!

どうなるのか次週もたのしみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です