ブラッククローバー183話ネタバレ![最新話]暴れ牛 頂上決戦参戦!!

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は2018年11月26日(月)発売の週刊少年ジャンプ№52(12月10日号)から

《ブラッククローバー》の第183話・最新話『暴れ牛 頂上決戦参戦!!』の

ネタバレと感想をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

今までのあらすじについてはこちらから↓↓↓どうぞ!!

ブラッククローバー182話のネタバレと感想![最新話]セフィラの徒

2018.11.20

ブラッククローバー180話のネタバレと感想![最新話]研ぎ澄ます刃

2018.11.05

ブラッククローバーの第183話・最新話『暴れ牛 頂上決戦参戦!!』のネタバレ!

 

 

っということで、遅れて登場のアスタらはとにかくでかい牛のマシン?をしつらえてやってきた!
そしてみんなそれぞれ好きなことを叫んでいる!!

その光景に、闇さんは嬉しそうに笑って、よくきたなバカヤロー共ぉ!と叫び笑っている。

心細かったノエルは「遅すぎるわよみんなー!新しい魔法を覚えた私が凌いでおいたから感謝しなさいよね!」と、さっとくツンツンしている!

そんなバカでかい牛のマシンに、一瞬たじろぐエルフ軍だったが、一気に戦闘態勢となって襲いかかかってくる。

するとラックが魔力高感知を発動し相手の魔力を見極め、迎撃する!

さらにバネッサが運命操作 絶対回避を発動。
エルフ軍の攻撃があたらなくなってにまう。

すかさずチャーミーが魔力回復で、黒の暴牛メンバーらに食事を食べさす。

そんな遅れてきた黒の暴牛の大暴れに大爆笑のヤミ。

そしてエルフたちがらやられる光景を目の当たりにしたパトリは静かに怒り睨みつける。

そこにエルフ・レーヴがやってきて、応戦してくるとパトリにつげた。

レーヴは前世から数えて何百年ぶりの魔法らしい。

すると、世にも美しい魔法が広く宙を舞った。

魔法の発端を見てみるとそこには珊瑚の孔雀 団長のドロシー・アンズワースがいた。

ドロシーもまたエルフに体を乗っ取られていたのだ。

そして、馬鹿でかい牛のマシンの頭部分をスッと消し去ってしまう。同時にらバネッサ、マグマ、ラック、チャーミーにサリーまでもいなくなってしまったようだ。

 

ドロシー団長の魔法は発動したが最後、対象物はなすすべも無く夢の世界に連れていかれてしまうらしい…

それで、暴牛メンバーが何人かが消えてしまい、バネッサも消えてしまったメンバーのため、防御魔法が解かれてしまう。

すると、エルフとなったゴーシュによるあたり一帯を打ち崩してしまう魔法がとなえられた

アスタ「ゴーシュ先輩…!」
ゴーシュ「あとは俺に任せてお前は大好きなリヒトと先に行ってこい」

———–
——-

そのころ、ドロシーの夢空間に連れて行かれた面々達は謎の空間にたたされていた

バネッサ【……!!攻撃…?!ルージュが…危機だと認識できなかった…?!】

ドロシー【夢魔法 幻惑の界(グラマーワールド)】「…ようこそ…私の思うがままの世界へ…」

次週、夢的魔法に搦め取られて…?!につづく!

感想!

 

 

夢空かーーーん!!!!

ドロシー隊長すげっす!

なんだか、はやいとこ、
体を乗っ取られてエルフ化してしまった人を助けんと時間もないようだけど、、、、

こりゃ戦いがまた一悶着…激化してしまいそう!!

次週もたのしみです〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です