グランクレスト戦記36話のネタバレ![最新話]感想も!

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は2018年11月22日(木)発売のヤングアニマル23号から

《グランクレスト戦記》の第36話・最新話の

ネタバレと感想をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

今までのあらすじはこちら↓↓から!

グランクレスト戦記34話(最新版)ネタバレと感想をチェック!

2018.10.29

グランクレスト戦記35話のネタバレと感想![最新話]アーヴィンに接触!

2018.11.09

グランクレスト戦記36話のネタバレ!

 

 

それはシルーカの13年前に起きた出来事だった。

———-
——13年前

ある村はカオスに襲われ、人々はただ逃げ回っていた。
その中に、石につまづき転んでしまった女の子がいた。

その子こそが幼少期のシルーカだった。

カオスはいよいよ転んで立てないシルーカの目の前にやってくる。
怯えて目を瞑っていたが、何も起きないので恐る恐る目を開けるシルーカ。

なんと、シルーカの力によって
カオスは消滅させられていた…。

————-
——–

それから数日後のある日、
シルーカは父と母と慎ましくもしあわせな家庭に包まれ生活していた。

町はカオスの被害によって荒され、畑の農作物もほとんどダメにされているようだった。

そんな時突然、シルーカが、
前にカオスに襲われた時、カオスが避けていき助かったことを話し出す。

幼少期シルーカ「混沌が私を避けていってね?こーぶわーって!それにね?少し練習したらカオスも操れるやうにな———-」

シルーカのその行動と言葉に、母親は手に持っていた器を落とし割った。

そして父親と母親は、世にも奇妙なものを見るようにシルーカをみつめ、シルーカへ、このことを誰にも口外せず秘密にしておくことをキツく言いつけるのであった。

———
—–

シルーカは両親の言いつけを守って誰にも話さず秘密を通していたのだが、

以前シルーカが混沌を消滅させたことを見ていた人が噂したようで、シルーカはたちまち、町の子供達からイジメを受けるようになる。

ボロボロになったシルーカはその足でいつもの家路につくと、いつもある暖かな家庭の姿はそこにはかなった。

荒されめちゃくちゃにされた家…。

なんとその事で、シルーカの家、両親までひどい攻撃をうけたようだ。

そして家に身を潜めていた母をみつけ近寄ると、秘密を守らなかったのかとなじりシルーカを叩いた。

叩かれかことよりも、信じてもらえないことや、明らかに自分に対し今までと違う母親の態度にシルーカは静かに涙する。

——
—-

その後も、シルーカ家族に対する町の態度はひどいものだった。

その事で喧嘩する両親の罵声を、耳を塞いで声を殺し泣いてしのいだシルーカ。

——-
—-

ある日、母は優しい笑顔でシルーカを外へ連れ出す。
どこへ行くのかは教えてくれない。
そこには父親の姿もあった。

辿り着いた先には、マント姿の人が待っていた。

その人から大量の硬貨がはいった袋を受け取る母親。

そして、
シルーカを差し出した。

泣き叫び抵抗するシルーカと離れ、
一度も振り返ることのなかった両親だった。

———–
——-

シルーカの過去の話はここで終わり、最後にこう話す。

シルーカ「結局両親は一度も振り返ってくれませんでした。私は——-捨てられたんです。この———-力のせいで」

悲しく、口元だけ微笑むシルーカだった。

次週に続く!!!

感想も!

 

シルーーーーカーーーーーー!!!

過去に、涙さながらの両親との別れやキツイ仕打ちがあっただなんて(T ^ T)!!!

それでも時間が経って、過去として受け入れれるようになったのなな(T ^ T)シルーカの気持ちをおもうとなんだか悲しすぎます!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です