ギャルごはん40話ネタバレ![最新話]決意のティータイム感想も!

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は2018年11月22日(木)発売のヤングアニマル23号から

《ギャルごはん》の40品目・最新話『決意のティータイム』の

ネタバレと感想をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

ギャルごはんの40品目・最新話『決意のティータイム』のネタバレ!

 

 

※扉絵のセリフ:こういう格好、スキでしょ?
…と、ニーハイストッキングにミニキャミワンピの豊満な岡崎さん

———–
——-

【学園祭まで、あと1週間!!ʕ•ᴥ•ʔ】
そう黒板に書かれた、学校内はワイワイにぎにぎ学園祭の準備で盛り上がっていた。

そして学園祭の目玉とも言える、ミスコンについてエントリー者も出揃いどんな結果になるのか実行員たちで盛り上がっていた。

ミスコンにエントリーした生徒の名前が書かれた資料を曇り顔で眺めていた実行委員メンバーの1人、会長の藤原さん。

そんな藤原さん。
どうやらエントリーしている【2-2 岡崎みく】の名前を意識していた。

そんな藤原さんを余所目に実行委員では話が盛り上がっていて実行委員のメンバーからはミスコンにエントリーするよう推薦されていたのに断っていたようだ。

藤原さんは当日忙しい事を理由に断っていたみたいだが、内心では自分への自信のなさからという理由もあったようだ。

そんな実行委員のやりとりから、中抜けする藤原さん。

校内を見回っている途中、岡崎さんとばったり会う。

岡崎さんも文化祭の準備でアクセサリー作りを仲間でわいわいしていたようで、その中の1人が急に、岡崎さんが矢部先生に告白したことをカミングアウトしてしまう!

告白の事実を知っていながら動揺した藤原さんは、真っ当っぽいコメントをするも

みんなの前でバッサリと岡崎さんから喰らう…

岡崎「ナニ言ってんのー!!藤原ちゃんだって やべっちのコト スキじゃん!!」

…っと、そのまま藤原さんをみんなで囲み恋バナというなの事情聴取が始まる。(女子特有のそこんとこkwsk)

話は本人を置いてけぼりにしたままどんどんどんどん周りだけで盛り上がり加熱していき、藤原さんもミスコンにエントリーすることに!

ただ、藤原さんは(こんなにも可愛いくせに)容姿に自身がないなんて、話をごまかそうとするものの、

みんなのビフォーアフターチェンジアップパワーによりとってもかわいいメイドさんに変身してしまう!

恥ずかしながらも、変わった自身の姿に頬を赤らめトキメク藤原さん。

それでも、なかなか勇気が出ない藤原さんに岡崎さんは優しく笑いかける

岡崎「藤原ちゃん てかさー悔しいよね あたしらちょっと遅く生まれたダケでさ」

岡崎「スキな人に恋愛対象として見てもらえないんだもん。 だからミスコンで優勝してサー うちらのコト」

岡崎「いいオンナだって認めさせてやろうよ!」

その言葉にハッとする藤原さん。

花「てかあたしバカだからよくわかんないケドぉー先生に恋しちゃダメって学校で教えてくんなくない?」

その言葉に…あたまに電撃が走る藤原さん。

—————
———-

みんなと別れた藤原さんは、
1人、学園祭実行委員室にいた。

そこで、いろんなことを考えながら
恋敵(ライバル)と友達の言葉を思い出して、
彼をスキな想いの大きさを感じて、

勇気を持って、
自分で自分の背中を押す。

そして力強くミスコンメンバーに自分の名前を付け加えた。

————
——-

【学園祭当日】

アナウンス「それでなこれよりお待ちかね ミスコンテストを開催します!今年のクイーン候補は全学年合わせて8名!審査員は3名の先生方です!」

ステージ裏の岡崎さん「藤原ちゃんがんばって!」

声は出さなかったが頷く藤原さん。

アナウンス「審査は先生方の票と会場の皆さんの票によって決められます!それではトップバッターのクイーン候補の入場です!!」

次回、12月14日につづく!

感想!

 

トップバッター藤原さーーーーーーん!!!!

いったいこの恋の嵐?!いや学園祭?!ミスコン?!?!どうなる結末ーー!!!!

こいつぁ、単なるミスコンじゃぁきっとありません!

きっと…きっと、魔女の条件で松嶋菜々子さんがタッキーに体育館でみんなの前で愛してルゥゥ!っていったくらいの衝撃回になるんだ!つぎは!←(うるさい)

うわぁぁぁぁ妄想が掻き立てられすぎて次回が楽しみすぎます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です