ワールドトリガー168話のネタバレと感想![最新話]「鈴鳴第一③」

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は2018年11月19日(月)発売の週刊少年ジャンプ№51(12月3日号)から

《ワールドトリガー》の第168話・最新話「鈴鳴第一③」の

ネタバレと感想をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

今までのあらすじについてはこちらから↓↓↓どうぞ!!

ワールドトリガー167話のネタバレと感想![最新話]「鈴鳴第一②」

2018.11.12

ワールドトリガー166話のネタバレと感想!玉狛第2(21)

2018.11.06

ワールドトリガー第165話(三雲修16)最新話ネタバレと感想!

2018.10.29

ワールドトリガーの第168話・最新話「鈴鳴第一③」のネタバレ!

 

———-
——-

影浦隊長、北添を前にした綱は孤月を抜く…。

【ショッピングモール6階 来馬・村上VS影浦・北添】

結束「黒い孤月?!」「これは…この黒い孤月が鈴鳴の新戦法に関係があるということでしょうか?!」

実況席へゲストに来ていた犬飼も嵐山隊長も、黒い孤月は初めて見る知らないものだと話す。
それに気を取られる結束ちゃんに、実況をするよう促す犬飼。

影浦と綱の激しい斬りあい。
そして来馬とゾエの激しい援護射撃がつづく。

影浦の放つ一撃に来馬へ危機が迫るも、放たれたものを一刀する綱。

影浦も舌打ちをする。どちらも引かず劣らず激しい戦いはつづく。

結束「変幻自在の二刀スコーピョン!攻めの厚さで圧倒する影浦隊長!硬いガードからの鋭い一撃!鉄壁の対応力を誇る村上隊員!この2人と玉駒のくが隊員はソロランク戦で鎬を削るライバルでもあります!」
「ここ最近の個人戦勝率データはこのとおり 影浦隊長が他2人に対してやや優勢か!」

そんな実況に犬飼は、数字だけでは分からず本番に強かったり、チーム戦での一発勝負だとわからないと、付け加える。
さらにその意見を嵐山隊長も「エースの勝率 6対4くらいならチームの連携1つで勝ちを引けます」

と、、個人戦データだけで判断できないとのことをはなした。

結束「と、なるとカギになってくるのは…エースを援護するガンナーの働き…ということになるでしょうか」「両チームガンナーの現在のソロポイントは来馬隊長7881点。北添隊員9728点」

犬飼「結束ちゃん数字好きだねえ〜」

嵐山隊長「北添隊員は援護役が多いガンナーという、ポジションの中で単独で点を取れる火力を待っている優秀なヘビーガンナーです。足が遅い、的がでかい、くらいしか欠点がないんだよね、ああ見えて」

結束「その火力差が響いて来たか!気付けば鈴鳴第一が防戦一方!影浦隊 切れ目ない攻撃で押しつぶしにかかる!これはシールドが割れれば一気に崩れるぞ!」

と、そのときシールドで攻撃を防いでいた来馬隊長はすかさずシールドに隠していた銃で撃ちまり攻撃を開始する!!

ゾエ「どわっと!!」

———-
—–

結束「来馬隊長がフルアタック?!?!」
犬飼「出たぁ」

結束「来馬隊長がガードをすててダブルライフル!…いま守りな村上隊員が担っているのか?!」

アステロイドとハウンドの多角攻撃で押され気味となってしまうゾエ。
さらにその攻撃は影浦隊長にまでむかってきた。

———-
——–

結束「このダブルライフルが鈴鳴の新戦法?!」
犬飼「そのとおり」

嵐山「具体的には来馬隊長が通常より大きく前に出て村上隊員の盾の陰に入り村上隊員にガードを任せてフルアタック。射撃戦の瞬間火力をアップさせる陣形ですね。これによってアタッカーを、前に出して援護がメインだった鈴鳴の戦術にミドルレンジでの打ち合いという手札が加わった」

犬飼「1つ間違えると味方撃っちゃいそうな陣形なのにこの短期間でものになってるのは綱くんの学習能力とチーム練習の賜物だろうね」

この陣形に、押され気味のゾエ。
さらに意外にも一度さがろうと言い出す影浦隊長。

———
——

その頃、オサムも奥寺隊員とモールの建物内に入り走って逃げての攻防戦を繰り広げていた。

奥寺はインカムで小荒井に指示をだす。

奥寺「小荒井!上にまわれ!」
小荒井「わかってらい!」

奥寺と距離を測ろうと走り回っているうちに上から回って来た小荒井に追い詰められオサム。

オサム(スラスターON!)

小荒井に大きく振りかぶるオサム。
その勢いに押されるも、攻撃としてはそこまで効いていない…。

その様子をスコープから見るガンナーの姿(ユズル)を捉えたオサムと小荒井。
ユズルはオサムと小荒井の二枚抜きを狙っている。

そしてユズルが放った一撃をオサムは交わし、自分の後方にいた小荒井のことも庇う。

ユズル「!」
奥寺「?!」(小荒井を助けた…?影浦隊に得点させないためか!)

さらにユズルは休むことなくオサムに銃を放つ。
ユズルに撃たせまいと間合いを詰めようとするオサム。

奥寺は6階はごちゃついていることから5階でオサムを捕まえると決める。

————
——-

別役「はい、3.2.1..スイッチョフ」
バタン

モールの中のブレーカーが落とされ電気が全て消えてしまう。

オサム(停電…?!)と、そんな考えが頭をよぎる瞬間、オサムは利き腕を撃ち落とされてしまう…!!!!

オサム(…しまった!!トリガーの光を狙って…!!)

暗闇の中小荒井も奥寺も構える。

ユズル(次で仕留める)と、オサムをロックオンするユズル…

次号、鈴鳴第一の作戦とはこの停電?!そしてさらに?!につづく!

感想!

 

オサムーーー!!!!(><)

うでーーー!!!!、

ちょ、影浦隊長もいったん退くとか…
いろんな気持ちが高まる回でした(><)
次週も早く読みたいですーーー!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です