ワールドトリガー166話のネタバレと感想!玉狛第2(21)

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は2018年11月5日(月)発売の週刊少年ジャンプ№49(11月19日号)から

《ワールドトリガー》の第166話・最新話『玉狛第2(21)』の

ネタバレと感想をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

前回までのあらすじはこちら↓↓からどうぞ!

ワールドトリガー第165話(三雲修16)最新話ネタバレと感想!

2018.10.29

ワールドトリガー第166話・最新話『玉狛第2(21)』のネタバレ!

 

戦いが迫り、オサムから作戦を伝えられた。

オサム「今から序盤の作戦を伝える。まず第一に今回は過去2戦の勝ちパターン…『ワイヤー陣』は狙わない。」

その理由は3つあると説明した。

オサム「まず、MAPが狭くて建物が大きいからワイヤー陣を効果的に張れる場所が少ないこと。次に敵チームにそれぞれスナイパーがいてワイヤー地帯の外からの反撃を受ける可能性が高いこと。そして最後にワイヤー陣を敷いたとしても今回の相手は乗ってこないだろうってことだ」

それは今回の4チームの中で点が必要なのは玉狛で、それは敵もわかっているからこちらから攻めなくてはいけないからということだった。

つまり不利な点になるが、加えて有利な点もオサムはみんなに伝える。

オサム「敵は待ちや逃げが使えるけどぼくたちはとにかく攻めて点を取らなきゃいけない。ここが今回うちの不利な点。逆にうちが有利な点は当然ヒュースの存在だ。」

ヒュースの存在は敵にまだ手の内を知られていないから、孤月使いのアタッカーのふりをして隠し玉のパイパーで奇襲をかける作戦を伝え、ヒュースへ期待の一言を添えた

オサム「ネタが割れていない一発目が勝負だ!必ず仕留めてくれ」
ヒュース「わかっている」

オサム「それ以外は基本的にいつもどおりだ 開幕からチームの合流を目指す。くがとヒュースのダブルエースで点を獲ってぼくとちかがワイヤーやレッドパレットで援護する。今回はうちのチームだけ隊員が1人多い。4人揃うだけで他のチームより有利になる」

だが、ここでオサムはちかにだけ別の指示を出す。

オサム「宇佐美先輩が言う通り建物の中が戦場になった場合はちかは別行動で建物の外に置く。建物の中は斜線も通りづらいしちかが距離をつめて戦うのはリスクが大きい。戦場を外から狙える位置に陣取って中の戦闘が押され気味になったときは砲撃で状況を変えてもらう」

しおり「隠れあいになったときのためにちかちゃんとヒュースくんにらメテオラセットしていい?」
ちか「はい 大丈夫です」
ヒュース「いいだろう」

オサム「あとは敵の出方に対応して動く!影浦隊との点差を詰めるぞ!」
玉狛みんな「了解!」

———–そのころ影浦隊の作戦室でも作戦がたてられ伝えられていた

影浦「べつになんの問題もねぇ ハコん中で斬り合いなら望むところだぜ」
影浦隊みんな「特にうちが不利って感じはしないよね」

もしそうなったらときユズルも援護して加勢し、ガンナーみたいな戦い方をすると話した。

ユズル「玉狛はうちより1人多いんでしょ?外に出るのは鈴鳴の思う壷だしオレだけ遊んでるわけにはいかないよ」
影浦隊長「おもしれーじゃねぇか それでいこうぜ」

———そのころ東隊作戦室でも作戦会議が繰り広げられていた

東隊では、隊員同士でどうするか話している。
東隊長は、隊員を見守り、考えを引き出し、育てている感じ。そして最終的にこう告げた

東隊長「特殊なステージにデータのない相手…今回の試合は対応力が問われそうだな。でも基本は忘れるなよ。人数が多いチームと戦う時にすることは?」

「オペレーターの処理能力にプレッシャーをかける」
「情報を増やして忙しくさせて相手の連携に混乱と隙をつくります」

東隊長「よし!」(…この試合…2人の成長の段階を測る試合になるかもしれないな…)

———–そしてもちろん鈴鳴第一でも作戦が伝えられていた

「ぼくと鋼はショッピングモールの中で合流を目指す。場合によってはバッグワームも使う。出来るだけモールの中で戦う。作戦通りやるならある程度狭い場所のほうがいい」

【転送まで28秒】

そして全隊員、転送の時間がきた!

「さぁ全部隊 転送完了!MAP市街地D!時刻 夜!各隊員は一定以上の距離をおいてランダムな地点からのスタートになります!」

オサム「…行くぞ…!」

次週、いきなり戦闘激化?!そして玉狛第2の状況は?!

感想!

 

作戦発表の回でした〜〜♪( ´▽`)
次週、いきなり戦闘が激化らしいです!!!

いったいどうなるの?!
そしてジャンプではどこまでやるの?!ワートリ(><)!!

来週もたのしみです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です