鬼滅の刃133話のネタバレと感想![最新話]ようこそ…

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は2018年11月5日(月)発売の週刊少年ジャンプ№49(11月19日号)から

《鬼滅の刃》の第133話・最新話『ようこそ…』の

ネタバレと感想をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

鬼滅の刃の第133話!最新話『ようこそ…』のネタバレ!

 

玄弥は兄に話しかけるも兄から一喝されてしまう。

玄弥兄「馴れ馴れしく話しかてんじゃぁねぇぞ それからテメェは見たところ何の才覚もねぇから鬼殺隊辞めろぉ 呼吸も使えないような奴が剣士を名乗ってんじゃねぇ」

この言葉に玄弥も肩を落としてしまうが「謝りたくて」と、兄の背中に言葉を投げつけたが

兄に軽く冷たくいなされてしまう。

玄弥「そんな…俺…鬼を喰ってまで…戦ってきたんだぜ…」
兄「?!なんだとぉ?今何つった?テメェ…鬼をぉ?喰っただとォ?」そしてその場から消えた兄は玄弥の両目玉に向かって指を突き立て襲いかかって来た。

その兄弟の言い合いから近くで見守っていた炭治郎がすかさず攻撃から玄弥をかわされるため飛びかかり助けた。
そのまま炭治郎と玄弥は建物の廊下から外に飛び出したが、ものすごい形相で兄も表へ顔をだす。

炭治郎「どういうつもりですか!!玄弥を殺す気か!!」
兄「殺しゃしねぇよぉ殺すのは簡単だが隊律違反だしよぉ再起不能にすんだよぉただしなぁ今すぐ鬼殺隊を辞めるなら許してやる」
炭治郎「ふざけんなれ!あなたにそこまでする権利ないだろ!辞めるのを強要するな!!」

炭治郎は精一杯言葉を強くぶつけ玄弥をかばう。
その言葉に玄弥も心救われるような表情で、炭治郎をみていた。。

が、それで許してくれるわけない兄はまず炭治郎に襲いかかってきた

炭治郎は攻撃を避けることはできなかったものの、パンチを受ける直前に拳を手で受け止めていた!
そしてすかさず空いていた脚で相手に蹴りを入れる。

が、そのまま攻撃を返され、かすっただけで耳を切ってしまう蹴りをいれられる。

炭治郎が善逸に玄弥を逃すよう言ったことから、玄弥はその場から逃げ出すことができた。

その後も炭治郎は兄とぐっだくだのグッチャグチャな乱闘を夕方近くまで続け、
上からもお叱りをうけ、さらには風柱との修行は中断、接近禁止まで出されてしまった。

つまり、しなずがわ兄弟の仲を取り持つことはできない結果となってしまった。

そんなことから、炭治郎と善逸は次なる修行の地【岩柱の家】まで向かっていた。
その道のりは長く、どんどんと山奥へと進んでいく。

炭治郎「もうそろそろじゃないかな?滝だ!!人がいる…!」

と、そちらに目を向けてみると…

滝に打たれる人。人。そして人の体をした顔だけ猪のもの。

炭治郎、善逸「うわあうわあああああああああ」

そして大木何本かに岩をくくりつけたものを肩でもつものがこういった

「心頭…滅却すれば…火もまた涼し…ようこそ…わが修行場へ…」

炭治郎、善逸「うわぁぁぁぁあああ!!」

次週、修行場ッ!否ッ!修羅場ッッ!!に続く!

感想!

 

玄弥…兄さんといつか和解できますように(´-`).。oO

そして次なる修行場、岩柱の家!!!
自然界をフル活用な感じで!!荒々しいオトコなかんじ!笑

すごすぎます!!
これからはじまる修行がどう描かれるかたのしみ( ^ω^ )

比べるわけじゃないですけど…
風柱の家は…高待遇だったのかな?笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です