Sランクモンスター9話(高潔なる少女)の最新版ネタバレと感想!

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は2018年10月26日(金)発売のヤングアニマル21号から

【Sランクモンスターの《ベビーモス》だけど、猫と間違われてエルフ娘のペットとして暮らしてます】の9話・最新版『高潔なる少女』の

ネタバレと感想をまとめてみたいとおもいます!(*´▽`*)

 

このページは主に…

「 」→登場人物のセリフ

( )→登場人物の頭から漏れる声

【 】→漫画のストリーのコマ(登場人物の声でもあったりする)

で、編成されています!

Sランクモンスター第9話『高潔なる少女』のネタバレ!

----------とある街…

アリア「タマ 何か食べたいものは」
タマ「にゃ!」
アリア「なんでしょうあの人集りは?」


---------2人の輩が何か囲っている…

アリア「何か嫌な予感がします タマ行きますよ」
タマ「了解だご主人」


町のやから1「このクソガキが!物乞いの分際でぶつかって来やがって!」
町のやから2「いいサンドバックだな!」

か弱い女の子「やめ……ゆるじ…でっ」

アリア「やめなさい!!」

町の輩1 唾を吐き捨て振り返り「なんだお前」と言い、アリアを睨みつける


町の輩1「ほぅこれはなかなか…」
町の輩2「結構な上玉だな」町の輩からは物凄い酒の臭いが漂ってきた

町の輩2「このガキを助けたければ誰かが俺たちの相手をしてくれないとなあ…巨乳のエルフがいい声で鳴いてくれるとかな!」
 

パシュン!


町の輩2「あぎゃあぁぁぁぁ?!」
町の輩1「な なんだいったい…」
町の輩2「いでぇ」


周りの通りすがり1「あの猫、アホのカスマンを半殺しにきたエレメンタルキャットだ」
周りの通りすがり2「へぇ あんな子猫がね」
町の輩1「?!」

タマ(ご主人に手を出そうなど許さぬぞ《アイシクルランス》)

アリア「そういえば言っていましたよね?お相手を探しているって」

アリア「わたし達でよければ喜んで  さぁいらっしゃい?」
タマ「しゃーーーうるるらふしゃーー!!」(ご主人が人殺しになるくらいなら我輩が…!)

輩1、輩2「ひぃぃぃ…」

アリア「君 大丈夫ですか?」
か弱い女の子「う…あ ありがとう…ござい…」
アリア「もう喋らないでお薬を飲んでください」

か弱い女の子「あ 痛くない… 体…治った ありがとうお姉ちゃん」
アリア「ふふっよかったです」

アリア「それじゃあ行きましょうか」
か弱い女の子「ふぇ…行くってどこに?わたし…」【物乞いだなら行くところなんて…】
タマ「…」

アリア「お名前は?」
か弱い女の子「ふぇ?!わたしララ…」

アリア「ララちゃん忘れ物はありませんね?」
か弱い女の子(ララ)「は、はい…  ???」
タマ(ご主人よ  その少女をどうするつもりなのだ?)



-------------町の教会-----

タマ(なるほど教会か……)

アリア「すみませんシスター少し相談があるのですの…」
シスター【こくり】

アリア「ララちゃんはここで待ってて下さいね?」「タマ頼みますよ」
ララ「ふぁ〜タマちゃん可愛いの〜」
タマ「にゃん!」


シスター「ララちゃん。今日からここがあなたのお家になります」



こっそりその場を立ち去るアリアとタマ


ララ「私の…お家…?」

タマ(そういうことかご主人!)(入園費を支払い施設に入れたのだな ご主人自身も裕福ではないというのに…しかしこれでララはもう今日のような目には遭うまい)

タマ【ご主人!美しいだけでなくなんと高潔な…!】【我輩は------ご主人が守りたいものを守り続けられるよう  全力で仕える!】
アリア  涙を流し「………さぁ行きましょうかタマ」
タマ「にゃーーーーお!」



-------------アリアとタマの訓練の日々…
--------それから数日経ったとある晴れた日


アリア「んー!今日も絶好調です♪」ぽよん!
ヴァルカン「アリアちゃんもどんどん成長してるし連携もバッチリニャン!」ぷるん!


2人の姿を下から見上げるネコ目線のタマ

タマ(…ふむ なんといつ光景だ…)

タマ【覗き見など騎士として言語道断…】【しかし先日の酔漢どもが仕返しに来るやもしれぬ】【しっかりと見張るのも騎士としての必要な勤め……なのだ!】

タマ(それにしても  カスマンとの決闘そしてヴァルカン嬢とのクエストを経てご主人は…)


アリア、ヴァルカン  首にCランクプレートをウキウキかける


アナ「Cランクよっ!アリアちゃんっおめでとう!」


※冒険者ランク
(E)武装一般人
(D)戦闘に覚えのあるもの
(C)武装成人パーティ、ベテラン単騎
(B)スキル保持者を含むパーティ
(A)一流のスキルと戦闘技術の保持者のパーティ
(S)勇者かそれに準ずる物、国家戦力担当



タマ(さすがはご主人である!)

ヴァルカン「なんにゃあれは…?」

【冒険者ギルド】

アナ「あら アリアちゃんにヴァルカンちゃんじゃない お帰りなさい♪」
タマ(?!…なんという光景)

アリア「アナさんただいまです」
ヴァルカン「いったいあれはなんなのにゃ  こんな時間に張り出されるとは緊急のクエストかにゃ?」

アナ「近隣の町付近で行方不明者が多発しているって噂があるのは知っているかしら?」
アリア「そういえば…」
ヴァルカン「そんな噂を店に来たお客さんから聞いた気がするにゃ…たしかレナードの町にゃ」
アナ  こくん

アリア「ということは依頼内容は行方不の捜索ですか?」

アナ「いいえ違うわアリアちゃん  実は…レナードの近くにある遺跡で複数のモンスターと」
タマ(む?)
アナ「それを従えた魔族の目撃情報があったの」

アリア、ヴァルカン「ーーーーッ!!」
タマ(なに 魔族だと?!)

タマ【ヤツらは多くのモンスターを使役しその主食は人間だ…!】
タマ「にゃ…」(……)

アリア「…レナードの行方不明者は魔族の手によって…」

アナ「ええ ほぼ確実に攫われた  そう考えるのが妥当ね------そして…」


人集りの男1「おい この以来誰か受けねーのか?」
人集りの男2「バカ言え敵は魔族だぞ?」
人集りの男3「レナードのヤツらには気の毒だが俺はごめんだぜ」
ヴァルカン「無理もないにゃ…」


アリア「アナさん  以来の詳細を教えてください」
ヴァルカン「にゃ?!」「アリアちゃんまさか…!」
タマ(ご主人…)

アナ「本気なの?アリアちゃん」
アリア「はい 私では力不足かもしれません でも魔族を放っておけばこの先も被害が… そんなの許せません…ッ!」
タマ(…………)


タマ(そうであったな  ご主人の夢はあの剣聖のように強く高潔な人物になること…危険なクエストになるだろうが我輩は騎士としての務めを果たすまでだ!)

ヴァルカン「んにゃ〜そういうことなら私も依頼をうけるにゃん♪」「仲間が根性見せた時に自分だけ退くなんて女が廃るにゃ  こういう時こそ協力し合うにゃん!」

アリア「ありがとうございます」

アナ「分かったわ それじゃ依頼の内容だけど 今回は事が事だから騎士隊が同行することに」

突如現れた男「それについては僕から説明するよ」

アリア、ヴァルカン「!」
アナ「!♡!」

つづく!

 

感想!

 

アリアにヴァルカン…Cランクおめでとう(*´▽`*)♡

 

ニューフェイスなイケメン風メンズが新登場してきたけれど…次週はどうなってしまうの??!!

アリアは無事に魔族とたたかえるまでになれるのかなーー(T_T)気になる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です