インフルエンザ予防接種の副作用で発熱やだるい!対処法や薬について!

こんにちワッショイ!月島です!

今日はインフルエンザの予防接種の副作用に注目したいとおもいます!

予防接種をうったことから…発熱や体のだるさ到来??!!

そんなときの対処法や薬についても詳しく見てみたいとおもいます!

インフルエンザの予防接種に副作用なんてあるんかい(ノД`)・゜・。?

 

それではまず…インフルエンザの予防接種から、考えられる副作用の症状ということを調べてみました!

調べてみると副作用っていうことではなく【副反応】ということのようで

予防接種などの注射の後に現れる体調の変化は、予防接種の副作用ではなく「副反応」と呼ばれる体の自然な反応です。副反応は、予防接種の目的である「抗体を得る」以外の皮ふや全身に起こる反応なのです。

現在日本で使われているインフルエンザワクチンは、ウイルスから病原性を取りのぞいた「不活化ワクチン」と呼ばれるもので、安全性が非常に高く安心して接種をうけることができます。

(出典:ミナカラさまより一部抜粋させていただきました)

っということのようで…

注射を打ったことによって自分の体が抗体を得よう!!!と、頑張っている証拠??的な感じのニュアンスなんでしょうか(*´▽`*)??どうにもこうにも、インフルエンザの予防接種を打てば、誰にでも起こりうる自然的な症状。っぽいみたいですねね(ノД`)・゜・。

ところでインフルエンザ予防接種で考えられる副反応の症状というのはこんな感じで、

●注射した部位の腫れ・痛みなど

●下痢・吐き気・腹痛など

●頭痛・めまいなど

●全身の寒気・倦怠感(体がだるい)など

●指先のしびれ

(出典:https://minacolor.com/parts/20/articles/2475/)

などが考えられるようなんですね(ノД`)・゜・。…インフルにはなりたくないし、けど予防接種を打てばこんな症状まで考えられるの??

なんかすーごいもうもうって感じですね…(*´Д`)。

ところで、今回は予防接種を打って発熱してしまった場合、体がだるくなってしまった場合についての対処法を調べてみました!

発熱や、だるくなったとき、対処法や飲んでいい薬ってある?

まず、インフルの予防接種を打って【発熱】した場合の対処法について調べてみると、そもそも予防接種でなる発熱というのは体が抗体を得るべく起きてしまう症状のようで、周りの人にうつしてしまう心配はないのだそうです(>_<)!!

ただ、こんなことも考えられるそうなので

ワクチンとは無関係な風邪などによる発熱の場合は、周りの人にうつることがあります。発熱と一緒に咳や鼻水などの症状が現れている場合は風邪のおそれがあるため、マスクをつけるなど周りの人にうつさない対策をとりましょう。

(出典:https://minacolor.com/parts/20/articles/2475/)

症状次第ではマスクをするとかの周りへの配慮も必要になってくるとのことでございました(*´Д`)!!

…確かに考えてみれば、予防接種を打つべく向かうは、病原菌の巣窟とも思える他でもない病院ですものね…。予防接種を打ちに行って風邪をもらっている可能性も大いに考えられると思うのです…。

ただ。ここまでで考えると、もし予防接種を打ちに行って、発熱しちゃって、さらには病院で風邪までもらってきてしまうという事態だったとしたら踏んだり蹴ったり以外の何物でもないですけれどね。もしそんな症状ナウなあなた様だったとしたら気の毒すぎてなりません…(*´Д)

ところで、予防接種を打ってから発熱してしまった場合、薬って飲んでも大丈夫なの??っというところを調べてみたところ

副反応での熱とはいえ、風邪薬を飲むとワクチンの効果が薄れるなどのデメリットはないので、症状に合わせて薬を飲むのは全く問題ないです。

同じように、予防接種の副作用による頭痛や関節痛を治す目的で鎮痛剤を飲むのもかまいません。もちろん鼻水がひどければ鼻炎薬を飲んでも予防接種の効果は薄れません。

症状が軽ければ自分で風邪薬を飲んでなるべく安静にしておけば、数日ほどで自然に回復することがほとんどです

(出典:https://naky8.com/717.html)

っという感じにお詳しく書かれている記事があったのでこちらにもお借りしてまいりました<(_ _)>

ただ、あまりにも熱が出るときやあまりにも症状がひどい場合には無理をせずに病院に受診した方が良い!!とのことでもございまました!

ちなみに筆者の友人も先週、会社の規則で予防接種を打ちに行ったところ…その後、熱が出てしまったんだそうな…(*´Д`)!!!

ただその時、友人は薬も飲まず、ただただOS1を飲み続け、

 

ほとんど1日、横になって寝ていたそうです(/ω\)まる1日の休養で熱も無事に下がったようですが、こんな風にも言っていて

たまたま休みの日に熱が出たからよかったけど予防接種も副反応を計算して打ちに行かなあかん…(Д`)・゜・。

と、筆者に【予防接種の教訓】を仕込んでくれたのでありました<(_ _)>

ところで次に予防接種を打って【だるさ】が到来した時の対処法についてですが調べてみると、

このだるさが出ているからといって【ワクチン接種によってインフルエンザを発症した】とうことではないそうなのです。

だるいなぁ。とかんじるのもインフルエンザワクチンにあなたの体がしっかり反応してくれている!!ということのようなので…そこまで重くとらえなくても大丈夫のようです。

しかし無理はせずに、ゆっくり休む、早めに眠る、などの休息を摂るに特化した療養が必要のようです。

体のだるさと似たような症状では、こんな感じの

予防接種の後に全身の寒気、倦怠感、動悸、リンパ節の腫れなどの全身症状を訴える方もいます。接種した側の脇の下のリンパ節が腫れることも多くみられます。

(出典:https://minacolor.com/parts/20/articles/2475/)

副反応を訴える人も多いみたいです><…体がワクチンに反応しているから起きてしまうこと!!!…とはわかっていても、どうにもなんか腑に落ちない部分も感じちゃいます。><

ところで、重篤な副反応というのは殆んどめったに起こらないようなのですが、予防接種後に【だるい】という症状から【肝機能障害・黄だん】とうことも考えられるようなので、自己判断で無理はせず早めに先生に相談しに行きましょう。

【肝機能障害・黄だん:〈初期症状〉からだのだるさ(倦怠感)、食欲不振、皮ふや白目が黄色くなる(黄だん)など】

(出典:https://minacolor.com/parts/20/articles/2475/)

まとめ

今日はインフルエンザの副作用について書いてみましたがいかがだったでしょうか??

ワクチンを打って起こるのは副作用なのかと思っていたのですが、自分の体が頑張っているって事で自然に起こる【副反応】ということがこの度わかりましたです<(_ _)>

もし、発熱やだるさなどがあった場合には…嗚呼。これも、体が正常に反応しているのね…。と、出来る限り寛大な心で受け止め←

無理はしないようにしようと思いました<(_ _)>!!

ただ、自己判断で無理はしないように…あなたもお大事になさってください!!!

それではこの記事にたどり着いてくださったあなた様、最後までお読みくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です