バドワイザー日本製造終了はなぜ?輸入になって値段や味は変わるの?

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日はバドワイザーに注目したいとおもいます!

 

なんでもキリンビールが製造していたバドワイザーが日本での製造販売を終了してしまうそうなのです(ノД`)・゜・。

 

 

 

え…?なんで??っというところについてや、

今後、輸入品を販売していくにあたり値段や味に変わりはあるのか、、

 

そんなところを調べていきたいとおもいます!

キリンが《バドワイザー》製造販売終了はいつ?その理由はなぜ?

 

・ 助けて!バドワイザー!!! 暑くて溶けてしまいそうなの!! もう人が生存していい環境では無くないですか?? こんな気温の中、土曜日に引越しをします…(‘ω’) 冗談じゃないんだよ、ほんとの話なんだよ。 完璧にミスだよね、、、生命の危機を感じる、、、 引越しに向け、ただ今ビールの在庫一掃中! 追加を買うのは我慢して、在るものを消化し続けてます。 今夜は冷蔵庫の奥に鎮座していたバドちゃん! こんな日々にはうってつけ🌟買った時の自分に感謝!! コクは無いけどキレは抜群!南国が作るビールの雰囲気 見ててスカッとするくらい完璧に透明な黄金ビール 泡は瞬く間に消えていくのでいわゆる7:3は起こせないけど 泡の白を補う以上に、この金ピカには美しさがある 命の水に感謝をしながら、今夜も乾杯🍻✨ ********* #ビール #クラフトビール #ビール女子 #ビアスタグラム #ビール好き #ビール好き女子 #🍺 #🍻 #ビール党 #ビール部 #ビール広め隊 #とりあえずビール #やっぱりビール #ビール好きな人と繋がりたい #乾杯 #バドワイザー #budweiser #kingofbeer #引越し #夏 #summer #beer #craftbeer #cheer #prost #beerstagram

乾杯ちゃんさん(@aki.b.94)がシェアした投稿 –

 

それではまずはじめに、バドワイザーについて調べてみました!

 

バドワイザー(Budweiser)

 

・発症国 アメリカ

日本ではかつてサントリーがライセンス生産を行っていたが、その後、麒麟麦酒(キリンビール)とアンハイザー・ブッシュ社の合弁企業、バドワイザー・ジャパン(現在は解散)を設立し生産を行った。バドワイザー・ジャパン解散後はキリンが引き続きライセンス生産および米国製バドワイザーの輸入を行っている。

(出典:Wikipedia)

 

っということなんですが、ニュースの内容を改めてみてみると、こんな内容。

 

キリン、18年末で「バドワイザー」の製造販売を終了へ

キリンビール(東京都中野区)は2018年末で「バドワイザー」の日本での製造販売を終了する。世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ<ABI.BR>(ABI、ベルギー)が自社で輸入・販売を行っていく見通し。関係筋が明らかにした。

キリンと旧アンハイザー・ブッシュ(米国)は1993年に日本で合弁会社を設立。その後、合弁は解消したものの、日本でのライセンス製造・販売を続けていた。両社は、18年末に迎える契約の更新を行わなかったという。ただ、米国で行っているキリン製品のABIへの委託生産などの関係は継続する。

(出典:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6291037)

 

2018年末で、日本製造品は終わりみたいです(*´Д`)

っということで今わかっている日本での製造販売中止の理由が『ライセンス契約の更新を行わなかったから』っということですが

そ、そんな…(ノД`)・゜・。と、感じたんですけれど、なにか大人の理由があったりするのかなぁ??

2018年末になくなってしまうという情報を関係筋の人が早め早めの7月に公表してくれているっていのが救いにも感じます(*´Д`)

 

…なんか『買い占め』とか『通常の値段よりも高く転売』とか、そういった事態が起きなければいいですが、なにか新たな進展があったさいにはこちらに追記させていただきますです<(_ _)>

 

ところで…外国のお酒をあまり飲んだことないお人でも…

 

キャンペーンガール、《バドガール》だったら知っている!!!という人もいるのではないでしょうか??(いないかな?w)

 

 

ハイ! こう言う戯れもありということで! #荒吐 #バドワイザー #バドガール

nickさん(@nickcool)がシェアした投稿 –

 

今のところ、『日本での製造販売がなくなる』ということなので、バドワイザー事態が終わるわけではなく、バドガールも無くなることはないと思うのですが(いや、そうであってほしい←)

今後何か新たな情報が入り次第こちらに追記させていただきますです!

 

 

ところで、ニュースをじっくり読んでいると、今後日本で販売するバドワイザーは輸入品になていく!!!ということなんですが、

 

世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ<ABI.BR>(ABI、ベルギー)が自社で輸入・販売を行っていく見通し。

(出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000061-reut-bus_all)

 

それに伴って、変わってしまうこととかあったりするんでしょうか??調べてみました!

輸入品になって値段や味はかわる?

 

輸入品になっていくに伴い、味や値段に変化があるの??っということですが、

 

まず、『味!!!』についてですが

 

筆者が日本で飲むバドワイザーと、過去にハワイで飲んだバドワイザーと…特に変わりを感じなかったのですが、、それってただの味音痴ですか???(笑)

 

今後、《輸入品と国内製造ではここが違う!!!》っとこだわりのお話が判明出来たときにはすかさずこちらに追記させていただきますです!!

 

次に、『値段!!!』についてですが、

 

これについては今後値段がどうなっていくか、今のところ詳しく決まっていない(発表されていない)ようでございました<(_ _)>

 

こちらもわかったことがあり次第その都度追記させていただきますが、輸入税も今後かかってくることを考えると、必然と値段も上がりそうな予感(ノД`)・゜・。どうなるか、情報を待っていようとおもいます!

まとめ

 

今日は2018年末に日本で製造販売を終了するバドワイザーについて書いてみましたがいかがだったでしょうか??

 

っと、いうもののわからないことも多かったのでこれからも何かわかり次第情報を追記させていただきますです!

 

それでは、最後までお読みくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です