大野誠(北島三郎次男)の経歴や代表作を調査!兄弟や嫁についても

こんにちは、月島です。

 

 

今日はネットニュースから流れてきました訃報より、大野誠さんに注目してみたいとおもいます。

 

亡くなられた大野さんは演歌歌手でもある北島三郎さんの次男さんということなのですが、詳しいプロフィールや経歴、また生前の代表作について。

 

また次男さんということで、ご兄弟や結婚なさってて奥様はいたの??な、ところについて調べてみたいとおもいます。

大野さんのプロフィールや経歴について

 

それではまずはじめに、大野さんのプロフィールをwikiから拝見してみようかな。。と検索してみますとご本人のページは内容で、父上である北島三郎さんのページを覗いてみました!

 

 

大野誠(おおのまこと)

 

・生年月日 ??

・年齢 51歳

・職業 元ミュージシャン・作詞作曲家・北島音楽事務所役員

(出典:Wikipedia)

 

 

っということで、2018年3月3日に亡くなったとwikiには記されていました。

 

 

大野さんはもともとミュージシャンとしての活動が過去になったようで経歴はこんな感じのようです。

 

【1988年】・ロックバンド『1st BLOOD』のボーカル“MAKOTO”としてデビュー。『1st BLOOD』は2枚のアルバムを発売後、解散。誠はその後大地 土子(だいち とこ)ペンネームで、北島の曲の作詞・作曲を手がけている

(出典:Wikipedia)

 

とのことで、こんなアルバムを出されたのち、すぐにバンドは解散されているのですね。

 

 

 

その後は《大地 土子》さんというお名前で作詞作曲の活動をされていたそうで、代表作を見てみますとこんな感じでおじゃる丸シリーズ!!!(´▽`*)アラサーの筆者にも口ずさめる曲です~~

 

大地土子サウンド

おじゃる丸

『 詠人 』 作曲/作詞
『 まったり音頭 』 作曲/作詞
『 夢人 』 作詩/作曲

(出典:http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=466255#6)

 

 

ロックバンドを組んでいたとは想像もできない程なまったりすこやかソングなイメージのおじゃる丸のナンバーですけれども…

 

 

息子さんが書いたのをお父様が歌う、そんな曲たち。

 

息子さんに先立たれてしまった北島さんとしてはどうにも感情深い音楽になってしまうのでしょうか…

 

 

そんななかなかにしんみりした気持ちにはなってしまっているものの気になったことがあって、誠さんは次男さんとうことですがご兄弟関係はどんな感じなのでしょうか?調べてみました!

誠さんの兄弟について検索

 

っということで、誠さんのご兄弟、北島さんにとっては子供さんについて調べてみますとなんと5人兄弟(2男3女)だそうなのです。

 

長男:龍(りゅう)
次男:誠(まこと)
長女:綾子(あやこ)
次女:智子(ともこ)
三女:領子(りょうこ)

●うち、次男の誠氏と三女の領子さん(女優・声優・歌手の水町レイコ)は芸能人でもあります。

●愛弟子の一人で北島ファミリーの一員である北山たけしと次女が結婚したため、北山は義息子となった

(出典:Yahoo!知恵袋より抜粋させていただきました)

(出典:Wikipedia)

 

ってことで、北島さん一家はここで知ったのですが大家族さん。

 

 

家族が多いそのぶん、きっと思い出の数も多いはずはですしきっとご家族は急なことできっと悲しみでいっぱいなのどろうな…と、私にも想像できました。

 

ところで、ネットのニュースからもいまのところお亡くなりになった原因など詳しい事はわかっていない様子ですが

 

自宅を訪れた署員らが室内で倒れている大野さんを発見。衣服を身に着けた状態で、玄関の鍵は施錠されていた。死後しばらく経過していたとみられるという。

(出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00000539-san-ent)

 

っということだったんですけれど、、結婚などはなさっていなかったのかな??

結婚されていて嫁はいたの?

 

大野さんが結婚されていたのか、奥様はいるのかというところを調べてみたのですが、それに関する情報は何らなく、ニュース記事には【1人暮らしだった】と書かれていたことからも、独身さんだったのかもしれないですね。

 

いま、女芸人さんがもっとも題材にしている…孤独死だったって、ことになりますよね。…息子さんに先立たれ、しかも急にひとりで逝かせてしまったことになってしまった北島さんの心の悲しみがはかりしれません。

まとめ

 

今日は大野誠さんについて書いてみましたが、筆者の調べではあまりどんな人だったのか、生前の活動など…上手にお伝えすることができませんでした。

 

また今後も何かわかったことがございましらこちらの方にその都度追記させてくださいませです<(_ _)>

 

ご冥福をおいのりいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です