丸岡いずみ代理母出産にかかった費用はいくら?病院や代理母の女性についても

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は丸岡いずみさんに注目したいとおもいます!

 

この度、代理母出産をなさると公表されてたそうなのですが、代理母より無事に元気な男の子が生まれたようなのです(*´▽`*)!

 

そこで代理母出産にかかった費用についてや、お子様が産まれた病院について、

さらに、《代理母》となった女性の情報や顔の画像はあるのかについても詳しく見ていきたいとおもいます!

丸岡いずみさんのプロフィール

 

それではまずプロフィールから拝見させていただきました!

 

丸岡いずみ(まるおかいずみ)

 

・生年月日 1971年8月6日

・年齢 46歳

・出身地 徳島県美馬市

・所属事務所 ホリプロ

(出典:Wikipedia)

 

っということで…元日本テレビの報道記者さん兼キャスターさんで、現在は自称専業主婦と公言されつつ、タレントさんとしてテレビに出演なさっているんだそうです(*´▽`*)!

 

 

ちなみに夫さんは評論家の有村昆さん!

 

有村昆(ありむらこん)

 

・本名 藤村昆(ふじむらこん)

・生年月日 1976年7月2日

・年齢 41歳

・出身地 マレーシアクアラルンプール

・父 藤村延魚(チョイスホテルズインターナショナル社副社長兼日本支社長)

・母 紫倉麻里子(シャンソン歌手)

(出典:Wikipedia)

 

 

っということで、夫さんである有村さんのプロフィールをwiki先生でザックリ拝見させていただいても、なんか気になりどころがいっぱいある興味深いお人のようなんですけれど(*´▽`*)♡

 

そんなお二人の結婚は2012年8月ということのようで、結婚して6年、念願の第一子ということになるのですね(*´▽`*)!!おめでとうございます!

 

この度の出産の方法が【代理母出産】という、日本ではあまり耳にしない方法だったようで…賛否両論いろんな意見が集まっているようなんですけれども…

 

筆者が気になったのは、その代理母出産にかかった費用。

いったいどのくらいかかったのでしょうか??

代理母出産でかかった費用は1000万円って、マジ?!いったい、いくらなの?

っということで調べてみると、すでにこんなことが調べられているようでこちらにもその詳しい情報をお借りしてきたのですが<(_ _)>

 

代理母出産にかかる費用は国によって異なり、日本の仲介サイトなどによれば、米国で約1000万〜2500万円、ロシアやウクライナなどで約500万〜1000万円とされる

(出典:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/23/kiji/20180123s00041000031000c.html)

 

っということで、この度ニュース報道によると、丸岡さんはロシアの代理母さんに依頼されたということだったので、500万円から1000万円ほどというとっても高額で驚きな費用が掛かったのでは?と予想されていました(T_T)

 

ただ、個々の金額に生れてくる子供の両親の(丸岡さんと有村さん)ロシアまでの渡航費や宿泊費、さらにはそれまでにかかった不妊治療でも費用もあわせて考えると、またさらに結構膨大な額が加算されてかかっていたんではないのかな??と想像してしまった筆者です(*´Д`)

 

ちなみにニュースみやねやで、お金に関するお話が【車】にたとえられていたみたいなんですが、

有村は、映画・バック・トゥ・ザ・フューチャーに出て来る車・デロリアン号を勝手に買ってしまった過去を振り返り、「デロリアンは二度と買えませんね」と…(中略)

(出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00000076-dal-ent)

 

ってことで、この車ですが…調べてみると超高い(*´▽`*)!!!

 

ノーマルのDMC-12で約1000万円位はするようです。株式会社デロリアン・モーター・カンパニーでは、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」仕様の3モデルが販売されているようです。デロリアン タイムマシン1985モデルが960万円、タイムマシン2015モデルが1,080万円、タイムマシン1955モデルが980万円となっています。

(出典:http://car-me.jp/articles/2759)

 

けど…この車も購入して、さらに代理出産もするだけの金銭的体力があるっていうのは…やっぱりテレビに出ているお人って、改めてお給料すごめなんだな~(*´Д`)

あと、なにやら夫さんのお父様も、すごそうなホテルの?エライ人なポジションそうだし??

 

ちなみに調べていてわかってきたのですが、大変なのはお金のことだけでないみたいでして、仲介してくれるところに申し込む決断をしたとしても、そこから面談があったり代理母を探すところからの準備、そして出産までは1年以上も時間もかかるみたい

本当に単純にはいかない、なかなかこの選択をチョイスするといっても一筋縄なんかではいけない、大変なことのよう…なのですね(*´Д`)

 

代理母さんという仕組み自体、筆者には身近でなくてよく解っていないことなんですけれど…代理母となった女性のこととかは公にされているものなのでしょうか??お顔とかは非公開なのかな?

 

たとえば生まれた子供さんが大人になったとき、胎児時代を共にし、この世に産みだしてくれた…いわゆるもう一人の産みのお母さんに会ったりすることは…出来るの??

産まれたのはどこの病院だったのだろう…?そんなところを調べてみました!

ロシアのどこの病院でうまれたの?代理母となった女性の画像はある?

 

っということで、まずは病院なのですが、【ロシア・モスクワ】というところまでで病院名までは発見することができませんでした<(_ _)>!!検索が及ばず足りずでごめんなさい!

ちなみに【ロシア モスクワ 出産】と調べてみたりすると…世界の大富豪が代理出産!だったり、代理母出産にかんする公式サイトが出てきたり…

“代理母出産界”ではロシアはモスクワ、あとメキシコのカンクンというところがメジャーな感じなんですね…(´・ω・`)

 

ところでこの度、丸岡さん有村さんご夫妻に元気な男の御子を授けてくれた女性、ロシアの生みの母に関する情報というのも(顔画像とか)も特になくって、公開されたりすることはやっぱり今後もないのかな???

ちなみに産まれれ来た子供が、産みのロシア母に会ったりすることは出来るのかな??っというところについて調べてみると、特にこれといったルールのようなものはなさそうな感じで、両人の意思を尊重する??って感じなのかな?と筆者は感じました。

 

ただ、この度の調査でまったく知らなかった新事実が一つ判明したんですけれど…

 

日本では卵子提供者ではなく代理母が法律上の母になる

(出典:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/23/kiji/20180123s00041000031000c.html)

 

っとう法律の関係上…これから特別養子縁組だったり、いろいろまだまだ大変なことはあるみたいなんです。…っけど、念願の待望の子どもとなると…もしかして事務手続きもお手の物なハッピーさなのかな~(*´▽`*)♡

 

ちょっとこの辺は詳しくないもので…もし今後何かわかったことがあった際にはこちらの方に追記させてくださいませです。

 

ところで元気に生まれてきてくれたお子様のと嬉しそうなお二人夫婦のお写真が夫さん・有村さんのブログに公開されていて…

 

 

なんともほほえましい気持ちになった筆者なのでした(*´▽`*)!(あれだけわーわー細かいこと気にして詮索しておいて←)

名前とかは…どんな感じになるんでしょうね~~(*´▽`*)♡

まとめ

 

今日は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です