はれのひ(着物レンタル業者)で卒業式,袴の被害も。今できる手配や対応策を調査

月島です。

 

今日は振り袖販売・レンタル業者、【はれのひ】が引きおこした事件から、振り袖をきれなかった新成人のお方・そしてその親御さんに次ぐ被害が続いて出そうだ…っということで、

 

なんと【はれのひ】は卒業式の華ともいえる【袴】のレンタルまで行っていたようなんですね。

 

そんな方々が今からでもできる手配だったり、対処する方法は何かあるのかについて、調べてみました。

2018年の成人式を襲った事件はこう報じられた。

 

ということでここにもその一部を抜粋させていただきました。

 

ハレの日が一転。多くの新成人が、まさかの事態に見舞われた。原因は、着物レンタル業者の突然の営業停止。振り袖が幻となった女性らからは、悲鳴が相次いだ。
新成人は、「頼んだ着付けが、スタッフの方もいらっしゃらなくて、代わりにほかの着付け屋さんに行ったり、着物を知り合いから、あわてて借りたりっていう」と話した。
この女性の友人が巻き込まれたというトラブル。
それにより、人生に一度のハレの日に、振り袖を着られない女性たちが相次いだ。
神奈川・横浜市のビルに本社がある、問題の着付け業者が運営する4つの店舗のうち、横浜と八王子の店舗に関しては、8日も無人の状態だという。
問題の会社の名前は、「はれのひ」。
ウェブサイトによると、振り袖や小物のレンタル、写真撮影のほか、成人式当日の着付けなども請け負っている。
しかし、成人の日の8日朝になって、突然、営業を停止。
横浜市と八王子市の店舗は、もぬけの殻だったという。

(出典:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180108-00000288-fnn-soci)

 

予期せぬ衝撃的すぎる事件から一夜明け、店舗があった《横浜》《八王子》や《福岡》では急きょボランティアを募ったり、参加する時間(午前の部・午後の部)を振り分けたり、また福岡の店舗では残されたスタッフだけで営業するなど…100%とは言えないものの、いろいろなことが試行錯誤され対応されていったらしい。

 

中には歌手の松任谷由実さんの八王子にあるご実家の呉服屋さんが、困り果てて飛び込み来店された人の対応もしたと、そんなニュースも流れていました。

 

ちなみに、福岡店は営業したものの、この件に関して一切のことがわかっておらず、また従業員の方々も給料の未払いが数カ月ある…。っというれっきとした被害者さんのようなのです。

 

そんな中でも

はれのひ福岡天神店・店舗運営マネジャーは、「きのうまで、かなり電話しました。社長や専務と。でも、社長は一切つながらず。(営業するのは)当たり前だと思って。お嬢さまたちを泣かせるわけにはいかないと」と語った。

(出典:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180108-00000288-fnn-soci)

 

などとコメントしたことから、それもまたネットの中で大きく拡散され、

 

 

 

福岡店のスタッフさんの行動や対応、その事実自体は大きく反響を呼んでいたそうです。

この事件は…スタッフさんもみな被害者ではあるのではあるのですが…

 

主犯の社長や専務が捕まらない限り、どこへもブツケどころがない状態の事件となっていますね。

みんな心から悔しい想いをしている、ということが強く伝わってきます。

 

【こんな記事も読まれています。:はれのひ社長( 篠崎洋一郎)の居場所(逃亡先)が発覚!?信じられないSNSの投稿があったと拡散されているが…】

 

そんなか、この被害は新成人さんだけにとどまらず…この春、晴れて短大や大学の卒業を控えたお方にも起こりえてしまいそうだそうで。

 

っというのも、【はれのひ】は袴レンタルも行っていたそうなのです。

 

 

っということで、そんな気の毒にもほどがある話なのですが

 

今からでも間に合う手配だったり、対応策というのはあるのでしょうか??調べてみました。

【はれのひ】で袴レンタルしたけど、この事態。まだ間に合う業者はある?対応策は?

 

っということで、調べてみますとまず被害者の会たるものが発足されたようで

 

「きものと宝飾社」(京都市)は「はれのひ株式会社被害者の会」を立ち上げた。京都にある呉服問屋などから風評被害を恐れる声が上がったのがきっかけ。ホームページ上で、トラブルに巻き込まれた客や賛同者らを募っている。

【ここに問い合わせることができるそうです。】

(出典:http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/08/harenohi-victim_a_23328081/)

 

 

取り急ぎながらも、問い合わせフォームがあったりの対応が行われているようでございました。

 

さらに、被害者のお人へはサイトでこんなことが訴えられていて、

 

 

①領収書や申込書などの書類など証拠となるものを保管する事

②独立行政法人国民生活センターへの相談 http://www.kokusen.go.jp/map/

 

(出典:http://status-marketing.com/20180108-2592.html)

 

怒りの感情のまま、書類等を破棄するのではなく証拠として保管しておきましょうということでございました。

 

さらに消費者庁も動いているようで、問い合わせ先は【消費者ホットライン 188】とのことでした。

 
さらに、こんなツイートも拡散されているようなのです。こちらにも貼り付けさせていただきました<(_ _)>

…っと、ここで今回の被害について被害者の会に報告できても…肝心の袴はどうなるのだろう??と感じ、調べてみると楽天でも袴のレンタルが行われているようなのです。

 

 

…いろんなサイトを検証してみましたが、価格的にもまぁまぁ手を出しやすいの…かな?
さらに、家の近所の呉服屋も片っ端から当たってみるのもいいのかもしれません…。

…なんていっても、本来は支払いも済んで自分で選んだ袴に袖を通せるはずだったのですから…代用品に高額なお金をかけるのは…けど卒業式も新たな門出を祝う思い出の日だし…

いろんな心の葛藤があるとは思うのですがもしよかたら・・・・着付けに関する動画もたくさん配信されているみたいです。

…もしよかったらどうぞ参考にしてみてくださいませです<(_ _)>

まとめ

今日は昨日の振り袖レンタル業者はれのひが起こした事件から、卒業式の袴をレンタルされていたお人に向けて調べてみました。

まだまだこれからこの事件について真相も出てくると思うのでその都度わかったことは追記してまいります。筆者も微力ながらですが、調べたことをまとめ記事にしていきます。少しでも役に立てばいいのですが…

早くこの事件の決着が付くことを、筆者も心から願います。

そして最後にこんなコメントをこのブログに頂けたのでこちらにも貼り付けさせていただきます<(_ _)>

 

片仮名の ハレノヒ は全くの別会社です。
誤情報を拡散された会社の社長さんが
ブログとTwitterで無関係だと仰ってます。

(出典:このブログのコメント欄より)

 

っということで…カタカナの【ハレノヒ】は今回の事件の【はれのひ】とは全くの別会社さん。

 

わたしも一カ所、変換のミスでカタカナになってしまっている部分があったので、お知らせを頂いて即座になおしました。大変申し訳ございませんでした。

この事件と全く関係のないハレノヒの社長様、そして関係者の皆様、この場からとなってしまうのですが、この度は本当に申し訳ございませんでした。心よりお詫び申しあげます。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です