星野仙一監督のお別れ会はいつ?場所はどこ?一般の参列は可能なの?

月島です!

 

今日は筆者のiPhoneに流れてきました悲しいニュースから…

 

1月4日に亡くなられた星野仙一監督のお別れ会について調べてみたいとおもいます。

 

 楽天は6日、中日、阪神、楽天で監督を務めた星野仙一球団副会長が4日午前5時25分に膵臓(すいぞう)癌のため亡くなったことを発表した。70歳。故人の強い意思により、葬儀は密葬で行われ、後日お別れ会を行う。

(出典:https://www.daily.co.jp/baseball/2018/01/06/0010873532.shtml)

 

っという出だしで始まったこのニュースですが、故人の意思より後日行うという監督のお別れ会はいつ、どこで行われる予定なのでしょうか??

 

また、野球関係者や芸能関係者でなく、一般の参列も出来たりするのでしょうか??

 

詳しく調べてみました。

星野監督が息を引き取るまでに言っていた言葉は?

 

っということで、まずニュース全文をこちらにもお借りしてまいりますと<(_ _)>

 

球団によると、2016年7月に急性膵炎を発症したことをきっかけに、膵臓癌であることが判明。その後、体調に波はあったものの仕事に支障をきたすことなく過ごしていたが、昨年12月末より病状が悪化し、最期は昼寝でもしているような安らかな表情で家族にみとられて旅立ったという。また、息を引き取る直前まで「コーチ会議に出られるかな」と言っていたという。

 故人の意思により公表がこの日となり、球団は「人前では常に強気を貫いた『星野仙一』のスタイルを最後まで全うしようとしたこと、最後の最後まで野球に情熱を燃やし、野球に一生をささげた星野副会長でした」と記した。

 星野球団副会長は岡山県出身。選手として中日のエースに君臨し、通算146勝を挙げ、監督としては3球団で通算4度のリーグ優勝に導き、楽天時代の2013年には日本一に輝いた。08年北京五輪では日本代表の監督も務めた。

(出典:https://www.daily.co.jp/baseball/2018/01/06/0010873532.shtml)

 

っということで、最期のそのときまでコーチ会議に出られるかどうかを気に懸けられていたそうです。

 

野球にウトイ筆者でもわかる、野球界の偉人の訃報は、野球界からも世間でも驚きと戸惑いを隠せないようで、

 

っと、偲ぶ思いでTwitter投稿も溢れておりました<(_ _)>

ところで葬儀は密葬で、という風に報道されていましたがお別れ会は後日行われるそう。

いったいいつ、どこでを予定しているのでしょうか?また、一般の参列も可能なのでしょうか??

調べてみました。

お別れ会はいつ、どこでやる予定なのか

っということで、調べてみましたが今のところは日程並びに場所について何も発表されていない様子でございました<(_ _)>

ただ、詳しく書かれている記事にはこんな風にも書かれていましたのでこちらにもお借りしてきたのですが<(_ _)>

 

一般的にお別れ会は亡くなって1ヶ月か四十九日までの間だそうです。

星野仙一さんの誕生日が1月22日って言う事もあるので誕生日にお別れ会が行われる可能性もありそうです。

(出典:https://gtk122.com/hoshinoseniti)

 

っということでございました。

 

場所は、星野監督の出身地でもある岡山県が可能性として高いのでしょうか??

 

 

ちなみに一般の参列はできるのだろうか?というところについても今のところ特に何も公表されていないようでしたが、

 

供物、供花、弔電などは送る事が出来ません。
問合せ先は、株式会社楽天野球団までお願いします。

(出典:https://gtk122.com/hoshinoseniti)

 

と、まとめられていたことからも、どんなに星野監督の根強い長きにわたるファンさんだとしても…一般の参列というのは可能性として低い感じなのでしょうか??…現役の人気選手とかも、きっと参列なさるし…(/ω\)そんなことかんらも…??

 

 

たっだ、星野監督くらいファンさんから愛されている監督ならば、【一般参列時間】なんても特別に設けてくだされればなぁぁ…と、そんなことを考えてしまう筆者なのでした

まとめ

 

今日は星野監督のお別れ会について書いてみましたがいかがだったでしょうか?

 

【こんな記事も読まれています:星野仙一記念館のアクセスや駐車場。入館料やぐっつについても】

 

 

この度はまだ急なことで解らないことばかりではございましたが、今後何かわかったことがあり次第こちらの方に追記させていただきます。最後までお読みくださり恐縮でございます。

 

最後ではありますが星野仙一監督、ありがとうございました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です