富岡茂永・真里子容疑者に子供はいて顔画像はある?遺書全分や日本刀の入手先も

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は 先日…日本なことを疑ってしまうような恐ろしい事件勃発。っということで、【富岡八幡宮事件】の容疑者、富岡茂永・真里子容疑者に注目したいとおもいます!

 

お二人には子供はいるのでしょうか??お顔の画像はあったりする??さ、さらに…事件に使った日本刀はどこでゲットしたの??

 

そんなところを見ていきたいと思います!

富岡茂永・真里子容疑者のプロフィール

 

っということで…この二人のプロフィールをまずは見てみることに。

 

富岡茂永(とみおかしげなが)

・生年月日 1961年???

・年齢 56歳

 

富岡真里子(とみおかまりこ)

・生年月日 1968年???

・年齢 49歳

(出典:https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00378777.html)

 

っということで…いったいなにがどうなってこの終えんを迎えることとなったのでしょうか(/ω\)寺だの、代々のものだの、おねいちゃんだの女だの、弟だの男だの、継ぐだのドウだのアァだの…そんな事態になったことがなく筆者にはどんな気持ちだったのか想像もできないことなのですが…

ちなみにそんなお二人はどんな顔なのだろ…?てことで検索してみると

 

(出典:http://news-hazihazi-watch.com/accident/tomiokanagako-gazo/)

妻、真里子容疑者の顔の写真は今のところどこにも公開されていないようで発見できなく茂永容疑者の、ニュースで取り上げられたこちらのお顔の写真をこちらにもお借りしてまいりました<(_ _)>

人をみためで判断するのはよくないことですが、とてもそんなことを考えているようには思えません。…怖いっす。平和ボケしている自分の脳内を再確認しております<(_ _)>

 

と、ところで、真里子さんのお顔の写真を探しているときにこんな情報を発見したのでこちらにもお借りしてきたのですが…

 

二人は結婚、離婚を繰り返し、7年前に3度の結婚をしたという。つまり、3度目の妻というより、同じ女性と3回結婚していた!

(出典:ママは365日ママ。様より一部お借りしてまいりました<(_ _)>)

 

そして一方では…こんな情報もあったのでこちらにもお借りしてきたのですが<(_ _)>

 

茂永容疑者は3回結婚し、2回離婚しています。

1回目の結婚時には1男1女をもうけていますが茂永容疑者の女癖が悪すぎたため離婚しています。

2人の妻は1人目の結婚時に手を付けた女性のようです。ただ2人目の奥さんも茂永容疑者の女癖の悪さに離婚し、

最終的に真里子容疑者が元ホステスであり3度目の結婚をしています。

(出典:調べたい!様より一部抜粋させていただきました<(_ _)>)

 

っということで・・・・情報が乱立している感じで…どれもそのまま鵜呑みに出来ない感は感じつつもどっちにしたって、少しだけ【一般的とは違いめ】な部分も見え隠れしてきているのは筆者の勘違いではないはず…。

ところでそんなことで気になるのはお二人の子供さん。いらっしゃるのでしょうか?

事件の犯人夫婦の二人に子供はいるの??

 

っとうところを調べてみますと…全員の現状は解らないものの…なんとこの男性が茂永さんの息子さんなのではないか???っという情報があるみたいなのです。

 

富岡ウルフという【神主の身でありながらyoutuber】でパチスロ番組などに出ていた男性が濃厚のようで…今まで公開されていた動画も削除されています。

画像はありました。

(出典:https://imgur.com/aXUGZQ)

(出典:調べたい!様より一部抜粋させていただきました<(_ _)>)

 

っということで“この男性がそうなのでは??”っという情報でしたが…真相はどうなのでしょうか…??今後も調査を進め何かわかったことがござい増したらこちらの方に追記させてくださいませです<(_ _)>

 

 

ところで、使用した日本刀。・・・・そんなもので切り付けられるニュースなんてこの時代が江戸までさかのぼってしまったのかと思いましたよう。いったいどこで手に入れたというの??

調べてみます!

日本刀の入手先は??

 

ってことで調べてみると…日本刀ネットで買える(*´Д`)!!!え、うそでしょうーー(*´Д`)!!!!っと今日も無知炸裂な筆者。

 

どうにもこうにも日本刀を持つのには…

免許や資格、警察の許可は必要ありません。
ただし、これは「銃砲刀剣類登録証」の付いている日本刀に限っての話です。  昭和25年11月に銃砲刀剣等所持取締令が発令されると同時に刀剣登録制度が始まりました。 これにより、一般に「登録証」と呼ばれる「銃砲刀剣類登録証」が発行されるようになり、 武器としてではなく、美術品・骨とう品として価値があり、後世に残すべきものとして別格の扱いを受けることとなったのです。

(出典:http://www.tokka.biz/pages/poss.html)

 

ってことのようで…骨董品としてなら、登録してあるなら…持っていていいのんだとか…(*´Д`)!!!!

 

だけど、どこにも今回事件に使用した日本刀の詳細なんて書かれていないのだけれど…本当に登録されていたものなのかな??まだまだなぞで解ら何ことばっか里奈恐ろし事件ですほんとうに(*´Д`)

 

ところで…茂永さんの言書とも言われる全文がでまわているようです。

そんなツイートをこちらにもお借りしてまいりました。

 

内容の信ぴょう性や公平性は…ちょっとどうなんでしょうね(*´Д`)読んでいてとっても生気を吸い取られるような内容で…驚きの方かにどうにも名の付けずらい感情で満載になってしまった筆者でしたとさ

まとめ

今日は富永夫婦容疑者について書いてみましたがいかがだったでしょうか??

また何かわかった際にはこちらの方に追記させてくださいませです!!
最後までお読みくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です