iPS細胞とは?(最新版)実用化の例や問題点をわかりやすく子供向けに!

こんにちワッショイ!月島です!

今日はiPS細胞に注目したいとおもいます!

 

iPS細胞について…筆者はこれといって何にもわかっていないのですが(もうすぐ30歳←)

いったい…(*´ω`*)iPS細胞…とは???について…アラサーなんですけれど、ここは見栄を張らずに…子供でもわかる子供のための子供向けな感じでわかりやすーーく分解できるよう調査してみたいとおもいます(*´ω`*)

 

そして実用化の例についてや問題点についても併せて一緒に

 

それでは詳しく見てみたいとおもいます!

[ad#co-2]

【最新版】iPS細胞とは?子供もわかるくらい♡わかりやすく♡

 

っというこで…iPS細胞とはなんぞやってことで(*´▽`*)♡

 

 

iPS細胞

(Induced pluripotent stem cells)

 

・発見した人 山中伸弥さん(京都大学)

・発見発表 2006年

・受賞 ノーベル賞

・読み方 アイピーエスさいぼう

・Induced pluripotent stem cellsの簡単な意訳

生物の器官に成長する基となる細胞を作りだす

・最初を小文字の「i」理由

当時世界的に大流行していた米アップルの携帯音楽プレーヤーである『iPod』のように普及してほしいとの願いが込められている

(出典:Total-beauty&health様より一部抜粋させていただきました)

(出典:Wikipedia 人工多能性幹細胞のページより)

 

って事だったんですけれど…(*´ω`*)いわゆる、何をしてくれる細胞なんだろう???ってところで、

【iPS細胞とは? 子供向け わかりやすく】と素直にレッツ検索(*´ω`*)b←

っででてきましたとてもわかりやすい言葉の方をこちらの方にもお借りしてきたのですが<(_ _)>

 

iPS細胞とは自分の一部例えば、毛髪や皮膚から採取した細胞をiPS細胞に変化させることでいろいろな臓器を作りだせるというもので、人工多能性幹細胞といわれています。

別名【万能細胞】といわれていますね。

(出典:Total-beauty&health様より一部抜粋させていただきました)

 

ってことで(*´▽`*)!!!!!!!!

わかりやすい!!!!!!!ありがとうございます!

 

っということで、まったく知らぬ存ぜぬだった私からしたらどんな情報も最新情報な極み―――(*ノωノ)っということで、世の中のことにお詳しいあなただったらすでに周知な内容と、今回なってしまうかもしれませんです<(_ _)>

 

ってことでですね、ワタクシここでいまさら【iPS細胞】ちゃんとやらを知りましたけど、それって、その機能…万能にしかも再生タイプ!!!とか…めっちゃ凄くないですか(*´Д`)!!!!!?????え?どうおもいますか???

 

ここですかさず“わたし的には”ですけれど、科学の進歩や医学の研究者さん達の日々の努力へ最大の感謝といいますか…(*´Д`)♡♡

 

なんかすごいし、色んな事と繋げて考えてみても

未来的に可能性に溢れまくっているっていうか。。

 

いまは異次元に思えるようなこともこれからどんどん可能になってことに感じるし、超精密な人工知能に、この最強の細胞iPS細胞が進化に進化を重ねていってふたつが出そろいでもしたら…

 

SF映画もびっくりな、ハリウット級の…クローン人間ができちゃうとか…(*´▽`*)

ありえる???!!!!!←

 

ちょ、そんなところまでアラサーってば、妄想して興奮しまっているんですけれど~(*´Д`)♡♡

 

…え????

と、なるとですよ???←

筆者はパーマンを見てはよく思ったけれど、

 

鼻のスイッチひとつで自分がもうひとりいたとしたら…(しかもマスターに従順な。←)

 

…いやーー。子供ながらにあれってかなり

【あーーーこれいいなー。あたしもほしいなー】って思ったんですよね。っで今調べたらあの擬態人形の名前ってコピーロボットってネーミングのアイテムらしいんですけれど、なんと間髪入れずにびっくりなことに、

 

コピーロボット
小さなマネキンのような形をしているひみつ道具。鼻を押すと本人そっくりに変身し、人格までも完全にコピーする。外見、能力共に本人と同等になるが、変身したコピーロボットには、変身した相手の記憶を引き継ぐものの、コピーロボットであるという自覚もある。藤子・F・不二雄の漫画作品『パーマン』に登場するアイテム

(出典:ドラえもんのび太のひみつ道具博物館様より一部抜粋させていただきました)

 

あれってドラえもんの道具なんだって!!!!!(え?知ってました???)

あらやだもうもう不二子さんったら、おスキなんだからもうもうやだもぉ~遊びゴコロがとめどないわ~でへへ(´艸`*)(←おーい)

 

ってのことで、この細胞が実用されたら…

今後の医療、ってかひとの寿命に関することが、また大幅に歴史が変わり…そう???!!!

 

ってことで、いろいろ楽しみであります(*´ω`*)

ってか、細胞とかの定義に…【万能ねぎ】的な、なんの料理にでもとりあえず合う…そんな超期待の頼れる新星…☆って…え?違う???←

 

そうですよね~(;´∀`)。

【子供むけでもいける】【わかりやすく】をイメージして【万能ねぎ】に例えても、雑すぎだしなによりiPS細胞に失礼ってもんですよね~(;´∀`)←

 

ってここで、気になったので、発見やノーベル賞はむむむ???おおよそ10年くらい(と、もうちょっと)は、時間がたっていますけれど…

 

わたし、知らなくって今知ったんですけれどw←

ってことで、まだわからないこともあるってことで実用化の例についてや、また問題点についてもちょっと見てみたいとおもいますです!

[ad#co-1]

実用化の例や問題点って?

ってことで、まずは実用化に向けての例について検索してみることに(゚∀゚)♡

 

まず、めっちゃすごい!!!!!!!!!と、ただただお口あんぐり感動しましたたとえ話といいますのがこちらでございまして<(_ _)>

 

男性でも卵子、女性の場合だと精子を作ることも可能となるので、同性愛者にとっては子供を授かるチャンスもあります。

(出典:Total-beauty&health様より一部抜粋させていただきました)

 

ってことで、もうもうマジですごい!!!!

 

これを世界のトップで日本が先進していったらもう半端ない。いい意味で争うことや比べることが減っていくのかもしれない。と、そこまでのスケールで感動的で夢あるお話ーーーー(´▽`*)♡

 

っただ、その記事をたとえ話に書かれていたお人は頭の良いお人のようでこんな問題点も生まれる可能性が…

 

こういった場合、宗教や習慣といった様々な倫理問題に繋がるので、iPS細胞の今後の発展には議論のマトとなることも…??

(出典:Total-beauty&health様より一部抜粋させていただきました)

 

っということで…(´・ω・`)

 

んーーーーーー。倫理に関するところかーーー。難しいな(´・ω・`)。

【みんなちがってみんないい】に裏も表もなく傷つく観点のお人が減ればいいだけなんだけどな(´・ω・`)。

 

っだけど、いろんな問題もあるのかもしれないけれどこの発展や進歩には、普通に喜びの、いい感情を持っていたいものですけれどね~(;´∀`)すなおに~

 

っと、そんな心がのんきな感じの筆者ではございますが

調べを進めるなかこんな記事も目にしたのでお借りしてきたのですけれど

 

平岡麗美さん(24)は14年11月、太ももから採取した筋肉細胞を弱った心臓の表面に貼り付け、回復させる手術を受けた。iPS細胞とは異なるが、最先端の再生医療の臨床研究として実施された。

平岡さんは「iPS細胞が使えれば、痛い思いをして筋肉を取らずに済んだ」と話す。

(出典:http://www.sankeibiz.jp/business/news/170619/bsc1706190500005-n1.htm 2017.6.19 06:10記載記事一部抜粋させていただきました)

 

ってことで…(´・ω・`)。

 

この、“やりたかった”のにあるのに、問題もあって研究が進まなかったから、価格が下がらなかったから、実践例がなかったからなど、そんな“都合”の部分は無視で“やれてたら…”が叶えてあげれなかった…(´・ω・`)な、ほうがどうかとも思ってしまう筆者なのです。

 

人のことどうのこうのっていうのもいいけれど、倫理とか、あるよね。そういうの。

 

けど、“自分がどうしたいか”を大切にしている人っていうのもたくさんいて、けっか生れた《やってみたい!》の芽をつぶしてしまった現状って事の方が寂しく感じたりもする筆者なんですけれどね~とかとか

 

 

なんか・・・・iPS細胞についてお詳しく書かれておる記事を読ませていただけてからなのか、自分もすっかり賢くなった気持ちにさせていただいて…(気持ちだけネ☆)

変なこと、考えすぎちゃいました(*´▽`*)

 

っまぁ、いろんな確度の見方があるってことなんですかね~とか最後ものんきに考える筆者なのでした~

まとめ

今日はiPS細胞について書いてみましたがいかがだったでしょうか???

 

何も知らなかった級の私でしたが、今ある情報を私なりに読解させていただけて…少しだけわかりました!!!少しだけ!!!!!!

 

そして、なんかいつも全然わかってない《倫理》について考えたら、考えすぎの領域まで到達していましたし(;´∀`)

 

 

ってことで今後も調査を務め最新情報更新に努めますです!

何か新しくわかったことがございましたらこちらの方でシェアさせてくださいませです!!

 

それではこの記事にたどり着いてくださったあなた様、最後までお読みくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です