藤竜也がダンディすぎ!指ないの?中華街で絶対行きたい店とは

こんにちワッショイ!月島です!

 

今日は

第70回カンヌ国際映画祭で、

最も重要なコンペティション部門に

ノミネートされた映画「光」

出演され話題となっている

 

俳優の藤 竜也さんに注目したいと思います!

 

ダンディすぎる藤さんの

 

過去の代表出演作など

プロフィールについてや

 

さらに

指がないとか、

あるとか、ないとかあるとか・・・・?

 

いったいどういうことなのでしょうか?

 

そして

中華街にとってもお詳しいようで

【マツコの知らない世界】では

 

あのマツコさんの事まで

うならせているようですよ。

 

そんな

“チャイナタウン探検家”藤さんの、

 

中華街に行ったら

絶対行きたい!おすすめのお店!!

 

などについてなんかも

 

詳しく見てみたいと思います!

それではチェックです^^

 

 

[ad#co-2]

 

藤 竜也さんのプロフィール

 

 

それではまずプロフィールから

見てみたいと思います!

 

 

藤 竜也(ふじ たつや)

 

・本名  伊藤 龍也

 

・生年月日  1941年8月27日

 

・年齢  75歳

 

・出身地 北京

 

・血液型  O型

 

・身長・体重 173センチ・63キロ

 

・ツーサイズ(B/W) B/97.5センチ W/78センチ

 

・学歴  横浜市立戸部小学校

 

     関東学院中学校

 

     関東学院高等学校卒業

 

     日本大学芸術学部演劇学科中退

 

(出典:Wikipedia)

(出典:http://www.fujitatsuya.jp/profile/)

 

藤さん、

なんと中国は北京生まれのようなのですが

国籍は日本のようで、育ちは横浜市のようですよ!!

 

浜っ子ボーイだったんですね!!

 

 

藤さんの時代も

 

横浜のあの通りは

ナンパスポットだったのかな・・・。

(筆者はリアルタイムで知らないしったかぶりw)

 

きっと藤さんのかっこよさだったら

100発100中で狙いの女性を連れて行ってしまったんだろうな。

(さすがに今の年齢で、街に繰り出してナンパって訳にもいかないなと思い・・・過去形で、振り返る形にさせてもらいました)

 

そう思わせてみんなをうなずかせる

藤さんのお若いときのお姿がこちらです。

 

 

・・・。

 

ナンパが100発100中とかでなく

これは女性が群がってしまうやつですな・・・。

 

とってもイケメンです!!

イケメンの中にこのお若さで

もうすでに内なる渋さを滲み出していらっしゃる・・・。

 

カッコよすぎます!

 

 

そんな渋くてかっこいい藤さんですが

 

デビューを果たすのは

1962年(当時21歳)のようなのです。

 

逆算してみると、

55年も俳優さんってことになりますよね!!!

 

 

55年!!

 

そんな長きにわたり俳優として

現在も第一線で活躍される藤さんですが

 

どんな出演代表作があるのでしょうか?

 

詳しく見てみたいと思います!!

 

出演作をチェック!

 

 

藤さんは様々な役柄に

挑戦されているようなのですが

 

デビューしたての頃は

悪役や敵役を演じることが多かったようなのです。

 

なんとなく

昔の写真などを拝見させてもらうと

ヒゲをはやしていらっしゃるものが多く

 

それがなおの事

“ダンディー”さを引き立てていたのかもしれないのですが

 

 

もしかして役作りというか、

作品のためだったってことも考えられますね。

 

藤さんの出演代表作

紹介するうえで

 

絶対に外せないのは

『愛のコリーダ』という作品で

 

 

海外では

物凄い高い評価を得た映画だったようなのですが

 

その内容が、

いわゆる18禁・・・、

 

いやそれ以上に過激で大胆かつ

オープンな表現で

 

日本では、

大幅な修正が施されての

上映だったそうです。

(2000年にノーカット版がリバイバルされているそう)

 

筆者はコリーダについて

 

 

これはリコーダー。

くらいな、

知らない作品だったんですけど

 

ンもうとっても

大胆な作品だったみたいなんですよ。

 

んで見たいなと、

かなり気になったんですけど

 

検索をかけても、みれませんでしたーー

(そりゃそうだ)

 

 

ちなみに、

この作品は裁判沙汰にまでなってしまったらしく

 

その影響からか、

俳優としての仕事から

遠ざかってしまった時期もあったようです。

 

しかし、藤さんは

サンスポの独占インタビュー

こう答えていらっしゃり

 

 

「やばい作品だと思ったけれど、やらなきゃバカだなと。セクシュアルなシーンの向こう側に輝いてくる何かがあると感じた」

(出典:http://www.sanspo.com/geino/news/20170524/geo17052405050011-n2.html)

 

 

とても強い好奇心

新しいことにも挑戦する度胸を持った男性なんだなと

感じさせてくれました!!

 

なかなかそんな風に考えられないですよ!

 

こういったところから、

また藤さんの凄さが浮き彫りになってくるのでした^^

 

さらに藤さんは

 

スポーツジム等で身体を鍛える俳優の先駆者といえる存在でもある。

(出典:Wikipedia)

 

先駆者って・・・。

 

 

藤さんを

芸能界筋肉大好き男子の先駆者というなら

(そうは言ってないw)

 

そう思うと広い意味で

 

金子賢さんや

 

 

春日さんは

 

 

藤さんの、

後輩にあたるのかな?(笑)

 

 

ちなみに藤さんは

世界のタケシこと北野武さん監督

第17作品目となる

 

『龍三と七人の子分たち』

 

主人公の龍三役で出演なさっているようです。

 

 

ヤクザたちが登場するが、決してヤクザ映画ではない。

大人…いや、ジジイたちが大暴れする娯楽映画である。

そんな、北野作品としては稀なる「笑い」を全面に押し出した作品です。

(出典:http://www.cinemacafe.net/article/2015/04/24/30824.html)

 

こんな風に紹介されていました。

筆者もかなり気になったので

次の休みにレンタルしてみようと強く思いました!

 

ちなみ予告はこんな感じのようですね。

面白そう!!

 

[ad#co-1]

 

指はないの?その真相に迫る!

 

 

数々の悪役や敵役なんてものを

演じている藤さんだからでしょうか?

 

なにやら

指がない】などとになっているようです・・・。

 

 

ちょっと写真を見て検証してみたいのですが

 

 

右 1,2,3,4,5

左 1,2,3,4,5・・・・・。

 

ん?ありますよね?

 

他の画像でも・・・

 

藤さんか見て左。

 

 

藤さんから見た右。

 

 

ありそう!!!

指ありましたよ!

 

うん!あります!!!

(しつこい)

 

ではいったいなぜ

そんな噂がたったのでしょうか???

 

詳しく調査を進めてみると

 

先ほどお話しした

北野武監督の映画で

主役を演じた際に

 

役の龍三には

右手の薬指と小指がないという設定

だったようなのです!!

 

その役にはまり過ぎてか、

見ている側が錯覚し

噂してしまうほどの演技だったのですね!

 

 

どんな噂だとしても

演者としては最大限の“勝利”の形というか

 

そこまで思わせれる演技、役への入り込み

 

さすが芸歴55年。

大ベテランの風格を感じるお話でした!!

 

竜也の!『中華街で絶対行きたい店!!』

 

 

藤さんは以前【マツコの知らない世界】にご出演なさり

中華街でおすすめのお店を紹介してくださったんだそう!!

 

藤さんはどうやら“チャイナタウン探検隊”(笑)でもあるようです。

 

どうやら

あのマツコさんもうならせた絶品中華だとか。

 

あぁ。行ってみたいですね・・・。

 

筆者もたまに中華街へは遊びに行くのですが

 

あの中は、建物も通りも似ていることもあって、

慣れないと迷路みたいなんですよね・・・。

 

私にもわかる店かな???

 

では、

藤さんのおすすめの店について

なかでも

“食”関連のお店を詳しく見てみましょう!!

 

 

中華街で絶対行きたい!!

堂々第1位!!

 

翠香園(すいこうえん)よりゴマ団子!!!

 

 

中に空洞出来るように作られていて、より軽い触感を演出。

 

はっきり言って、

 

中華街ってどこでゴマ団子を買えばいいか迷ってしまうほど

どのお店も店の前で呼び込みながら屋台のように売っています。

 

筆者は無類のゴマ好き。

どのお店のだいたい1個単位で購入できるので

食べ比べてからお土産にはどれにしようかと決めていました。

 

ちなみに

翠香園さんのも食べたことあって

軽いと言えば、軽い!!!

 

けど、食リポ能力皆無の私は

 

あれーーースカスカぎみーーーーー。

 

(笑)

ディスりとかでなくリポ能力0告知みたいな。

 

 

絶対行きたい!!

第2位は?!

 

上海豫園 小龍包館 (シャンハイヨエン)

から小籠包!

 

 

こちらの小籠包に関しても

ゴマ団子と一緒で、

 

お店があり過ぎて

どこにしようか迷うのです。

 

 

けれど私、the!!日本人!!!

並んでるお店が気になっちゃうタイプなんですよねーーー。

 

ってことで

こちらの小籠包も食べたことありました!!

 

とてもおいしかったです!!(食リポのバリエーション皆無)

 

ちなみにこちらのお店は

豆苗炒めもおすすめなんだとか。

 

 

 

絶対行きたい!!

第3位は??!!!

 

創業40年!!中華飯店

 

 

こちらは

常連さんが通い詰め知る人ぞ知る

モツがおすすめのお店のようです!!!

 

このお店は行ったことないです!!!

行ってみたい!!!

 

ちなみにこの中華飯店さんは

モツの他にも『鶏そば』や『シュウマイ』など

そそられるメニューをおすすめなさっていたとか。

 

 

後は、

花文字という

いかにも中華って感じの絵(文字?)を描いてくれるお店

 

 

中国茶をいただける喫茶店などを紹介してくださったみたいです。

 

 

藤さんの紹介のおかげで

次に行く楽しみも増えました

 

それに地方から遊びに来てくれた友人に

お勧めしやすくなった気がします^^

 

 

ただ、、

方向音痴で地図がにがてな私にとって

 

中華街って結構

奥の方とかに細く道があったりする

見落としてしまうこともしばしば。

 

あそこの店に行きたいけど・・・

道も店の名前もわからない…忘れた・・・

 

などなど。

 

 

なのでスマホのマップ片手に

ぜひ迷子にならないように気を付けてくださいね^^

 

まとめ

 

 

今日はカンヌ国際映画祭でノミネートされた映画『光』に出演なさっていた

藤竜也さんについて書いてみましたがいかがだったでしょうか?

 

藤さんは

 

・55年ものキャリアを持つベテラン俳優だった!

 

・北京生まれで横浜育ちのようだった!

 

・デビューしたては悪役や敵役などのオファーが多かった

 

・体を鍛え上げマッスルになる俳優の先駆者だった!

 

・指はあった!

 

・北野武監督の作品に出演され、高い演技力からそのような噂が立ったようだった

 

・当時いろんな意味で話題となった出演作に『愛のコリーダ』というものがあり、内容は、日本で放送するにはたくさんの修正を要する内容だったそうだ!

 

・中華街を探検されるほどお詳しくおすすめのお店を【マツコの知らない世界】で紹介しているようだった

 

こんな感じでしょうか??

 

藤さんはこれからもどんな活躍をなさるかウキウキしてしまいます^^

また『光』もぜひ見てみたい筆者なのでした^^

 

 

それでは最後までお読みくださって今日もありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です